はじめに

「行きやすく、帰りやすい状態」を作るためのポイント

プロフィールに家族構成が書かれていないのですが、出かけている間の水道光熱費など、基本的な生活コストはかかります。預金口座にそれらの資金を準備することを忘れないでください。行きやすく帰りやすいようにしておきます。

また、会社を経営されており、早期退職されるとのことですが、今後、仕事は誰かに任せることになるのでしょうか? それとも完全にリタイアしてしまうのでしょうか。今はパソコン1台さえあれば、世界中どこへいても仕事ができる時代ですので、旅行中や今後も一定の収入が得られるような仕組み作りを考えても良いでしょう。

投資の一部は現金化するのが望ましい

ここで気になるのが投資総額1億3,500万円です。この金額はあくまでも現状の価格に過ぎません。世界一周旅行を楽しむのなら、5,000万円程度は解約して、普通預金や定期預金に移しておくようにしてください。

たとえば、世界一周旅行で旅費およびお小遣いで5,000万円使ったとしても、現状価格で、手元に1億1,500万円残っていることになります。これだけの金額が残っていれば、世界一周旅行を楽しんだとしても、老後の資金を心配しなくても良さそうです。

説明会に参加して具体的に考えてみて

クルーズ船は大変人気があり、高い部屋から埋まっていく傾向にあります。気になる部屋があれば、早めに押さえておくと良いですね。また、クルーズ船の説明会も行われていますので、まずは一度、参加してみてはいかがでしょうか?

世界一周は多くの人が憧れる旅行です。素晴らしい思い出が築けることを願っています。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。