はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、37歳、会社員の女性。31歳のパートナーと暮らす相談者。現在の世帯年収は1,500万円と高収入ですが、2人とも健康に不安があり、いつまで働けるか不安だと言います。今後は分譲マンションを購入し、子どもは持たずに暮らす予定ですが、いくらくらい貯金があれば安心でしょうか? FPの黒田尚子氏がお答えします。


DINKS、持病ありカップルの安心な貯蓄額について知りたいです。我が家は未婚ですが、合計年収1,500万円のいわゆるパワーカップルです。

世間から見ると将来安泰に見えるかもしれませんが、私は先天性の遺伝子疾患を患っており、いつまで今と同じように働けるか分からない不安をずっと抱えています。また、彼も自律神経が弱く体を壊しやすいため、お金のためにハードな働き方をしてもらうことは望んでおらず、彼に負担をかけないためにもしっかり貯蓄したいのです。

こんな私達なので結婚しても子どもは持たず、お互いを大切に穏やかに生きていこうと思っています。二人とも動物が好きで、数年以内に分譲マンションを購入したいと考えています。ペアローンを組むタイミングで結婚し、終生飼養できる範囲でペットと暮らしたいです。
今はかなり稼いでいますが、とにかく身体のことがネックで、もし私が働けなくなった場合、いくら貯蓄があれば安心して暮らせるのか知りたいです。

年金が将来貰えなくなるなどの噂も聞きますが、年金をアテにしていて良いのでしょうか?

【相談者プロフィール】
・女性、37歳、会社員(正社員)+副業(専門技能職)。年俸700万円、副業100〜300万円上乗せ。今年は250万程度
・パートナー、31歳、会社員、年収550万円
・住居の形態:賃貸(神奈川県)
・毎月の世帯の手取り金額:86万円(パートナー26万円、私60万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万5,000円
・食費:5万円(外食費含む)
・水道光熱費:1万3,000円
・保険料:パートナー2万円(就業不能保険、医療保険、個人年金保険)、私6,000円(医療保険のみ)
・通信費:二人合わせて6,000円
・お小遣い:パートナー6万円(飲み会、美容院、AGA治療)、私2万円(交遊、スキンケア、美容院)
【特別費】
・その他:家族の誕生日や父の日、母の日など年間合計5万円、国内旅行15万円、私の医療費年間12万円(自由診療のピル代5万含む)、iDeCo(私名義)2万3,000円/月
【資産状況】 ・毎月の貯蓄額:50万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:70万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,000万円
・現在の投資総額:100万円(iDeCo30万円、NISA国内株70万円)
・現在の負債総額:なし
・老後資金:公的年金はもし今のまま共働きなら32万円程度、退職金なし。

黒田:いわゆる高収入カップルですが、お二人とも健康上の不安があるとのこと。それはご心配でしょう。試算では、ご相談者が40歳のときにマイホームを購入し(物件価格約5,100万円)、50歳以降、働かない場合でも、65歳時点で貯蓄残高は約9,700万円あります。これを金利1%で運用しながら30年間で取り崩すとすると、月額約31万円が受け取れます。それも、高収入ながらも収入の6割以上を貯蓄に回し、堅実な家計管理を実践しておられるからこそ。もちろん、購入する物件価格や購入時期、ご相談者の離職の時期、病気やそれ以外の支出など、不確定要素はありますが、お二人だけで穏やかに暮らしたいというご希望を叶えることは十分可能だと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう