はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、夫の扶養内で働く女性。400万円まで膨らんでしまった借金を返して家計を立て直したいという相談者。複数の金融機関から借り入れがあり、毎月の返済額は12万円ほどで、家計は常に赤字状態。返済に追われる状況から抜け出すためにはどこから改善していけばよいでしょうか。FPの横山光昭氏がお答えします。


借金が膨らんだ家計を、立て直したいと思っています。

結婚前から夫に100万円ほどの借金があったのですが、5年前の結婚式費用を借入してからさらに借金が膨らみ、返済が大変になってきました。婚前はクレジットカードのキャッシングで済んでいたようですが、今では銀行のカードローンも増えています。また、結婚後、すぐに住宅を購入し住宅ローンを組みました。資金不足で、転居や家具をそろえるお金も借りてしまいました。今の借入総額は400万円ほどに。毎月の返済額は12万円ほどで、毎月赤字の状態です。

子どもを生むことは考えていないのですが、介護のために夫の母親と同居をしなくてはならない可能性も出てきています。そうなると、夫婦どちらかの仕事を減らすことになり収入が減るかもしれませんし、支出は義母の生活費や介護費分、増えることになると思っています。

このままでは、やがてお金で首が回らなくなり、老後資金のことを考えると不安でたまりません。ですが、住宅を手放したくないので、債務整理は考えていません。この状況で家計を改善し、何とか貯められるようになることは可能なのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、40歳、パート
・夫、45歳、会社員
・手取り収入:
 相談者/月収8万2,000円(扶養内)、ボーナスなし
 夫/月収49万8,000円、年間ボーナス約210万円
・貯金額:かき集めて20万円あるかどうか
・負債総額:400万円ほど
・毎月の支出の目安:71万1,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン):12万8,000円
・食費(外食含む):6万2,000円
・水道光熱費:1万9,000円
・通信費(スマホ2台・ネット回線):1万6,000円
・生命保険料:2万3,000円
・日用品代:1万5,000円
・医療費(整体、マッサージ、サプリ含):2万8,000円
・教育費(習いごと、オンラインサロン):2万3,000円
・自動車関連費(カーシェア):1万2,000円
・交通費:8,000円
・被服費:1万円
・交際費:3万5,000円
・娯楽費:8,000円
・こづかい:7万円
・その他:4万4,000円
・ペット飼育費用:4万2,000円
・夫の母へ仕送り:5万円
・カードローンの支払い(5社):11万8,000円

横山:借金家計から、貯金できる家計に改善したいということですね。家計表を見ると、借入返済の負担も大きいですが、そもそものお金の使い方を改めないといけません。貯まる家計にしたいという割には、お金の使い方等についての考え方が甘いように感じます。今のままでは、いつまでたっても借金家計から抜け出せませんから、変わるために行動する覚悟を持ちましょう。