はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、夫と子ども2人の4人で暮らす38歳女性。新車で買ったファミリーカーが今年3年目となり、ディーラーから「下取りに出して新車を購入したほうがお得」とアドバイスを受けたそうですが、実際はどうなのでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


車について教えてください。

我が家はファミリーカーを1台所有しています。新車で購入し、今年3年目で車検を受けました。10年は乗り続けるつもりでしたが、ディーラーから「返済途中で乗り替えると下取り金額が高いから残りの返済分は補える。1台の車を長く乗ると下取り金額は下がるし、部品の交換も必要になる。トータルでみると10年乗るより途中で乗り替えたほうが安い」と、新車の購入を勧められました。

本当に途中で乗り替えたほうが安いのでしょうか?

・女性、38歳、会社員
・同居家族について:
 夫/運送業、月収手取り21万
 子ども/2人(0歳、3歳)
・住居の形態:持ち家(マンション・大阪府)
・毎月の世帯の手取り金額:33万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:50万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円
・車両費:月1万円
・毎月の貯蓄額:2万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):170万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回のご相談は、自動車の買い替えについてです。一般的に自動車を購入したら、買った瞬間からリセールバリューは下がり続けていきます。新車への乗り替えをした方が良いというディーラーからの営業を受けたとのことですので、ディーラーのよくある営業トークを一通り検証して、本当に乗り替えが安いのかを考察します。また、今後もカーライフが続くとした場合に、知っておきたい自動車の価格の下落推移の検証や下取りの考え方、カーローンで注意するべき考え方について一緒に考えていきたいと思います。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ