はじめに

2021年10月28日、フェイスブックはメタ・プラットフォームズ(以下、メタ)へと社名変更を発表しました。メタバースの構築に力を入れていくそうです。

この社名変更発表以降、メタバースやその関連技術への注目度が急上昇しています。今回はこのメタバース市場について解説します。


関連技術への投資額が急増

メタバースとは「超越」を意味する「メタ」と、ユニバース(世界)の「バース」を結び付けた造語で、VR(仮想現実)やAR(拡張現実:現実の中に画像などを重ね合わせる技術)などの技術を活用して、人々と交流できる臨場感が高い仮想空間を指します。

メタは2022年の設備投資額を290億ドルから340億ドルを予定しています。2021年の計画である190億ドルから5~8割近く増加する計算となります。IT設備投資関連の企業に追い風となりそうです。

すでに株価が大きく反応した企業もあります。例えば、メタがメタバース開発で欧州内で今後5年間で1万人を採用する方針を明らかにした10月17日以降、人工知能(AI)半導体に強みを持つエヌビディアや、メタのデータセンターに同社の半導体が採用されたと発表したアドバンスト・マイクロ・デバイセズは上昇が目立ちました。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を