はじめに

私の故郷では、どの家にも敷地に畑がありました。必要な野菜があれば畑から収穫して台所へ。そんな、ある意味贅沢な暮らしが日常でした。

野菜や魚などの食材は、焼いたり蒸したりして塩だけをつけても十分美味しく、〝素材の持つ味わいを感じられるお料理〟は身体も心も喜ぶものでした。

今回紹介するのは、“焼く”作業で素材の力を引き出すとてもシンプルな料理。使う調味料は塩だけ。ですが、それぞれの食材の相乗効果でぐんと旨味が増し、きっと心安らぐ美味しさに。ここにパンとチーズがあればそれだけでもうご馳走です。寒い季節は、心も身体も温めてください。


「骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き」材料(4人分)

材料 分量
骨付き鶏肉(大きければ半分に切る) 約700g
好みのじゃがいも 500g
にんにく 2玉
ローズマリー・タイム 各2枝
ローリエ 1枚
オリーブ油・塩・こしょう 適量

使う道具:オーブンで使えるフライパンか厚手の鍋、もしくは耐熱皿

「骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き」作り方

<下準備>

・鶏肉の表面に強めに塩・こしょうを振る。
・じゃがいもの芽を取り、1個(50g)を4等分に切る。さっと水にさらしザルに上げる。
・にんにくは皮ごと横半分に切る。

1. フライパン(もしくは厚手の鍋)を強火で熱し、オリーブ油少々を加えて鶏肉を皮目から焼く。両面に焼き色を付けて取り出す。

2. 1で空いたフライパンに、オリーブ油(大さじ2)と、にんにくを入れ、弱火で香りが立つまで1分程熱する。そこへじゃがいもを入れて中火で3分程炒めて全体に油を馴染ませる。

3. 2のフライパンの上に鶏肉とハーブ類(ローズマリー、タイム、ローリエ)を乗せて200度のオーブンで約30~40分焼く。(焼き色が足りなければさらに5分程様子を見ながら焼く。)

4. 最後に全体に塩少々を振り、味を調える。

「骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き」を美味しく作るポイント

・オーブンに使えるフライパンやスキレット、鍋が無い場合は工程2を耐熱皿にオリーブ油ごと移し、鶏肉とハーブを乗せてオーブンへ。
・鶏肉を焼いた後のフライパンには旨味があるので拭き取らずに、次の工程に進んでくださいね。
・好みで、じゃがいもの皮をむいても構いません。

【調理時間】15分(焼き時間除く)

レシピ/ 大西 麻子
自然豊かな福井育ち。料理旅館で育った祖母の影響で幼児の頃から料理を始め、中学生になってからは家族の夕食を毎日作る大の料理好き。料理と暮らしを紹介したブログはランキング上位になり、わずか2年で出版に至る。4歳の息子と夫の3人暮らし。家族との暮らしを第一に、書籍や企業へのレシピ開発、写真提供をしている。現在、大好きな花や旅をテーマにした料理教室、ワークショップを計画中。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ
(この記事はケノコトからの転載です)

この記事の感想を教えてください。