はじめに

老後資金は、退職金で賄えない可能性も

退職金がしっかりと受け取れる会社にお勤めの方は、老後資金は退職金でなんとかなると考えることも多いのですが、そうとも限りません。生活の仕方により、それで十分という方もいるのですが、多くの方は退職金だけでは長くなるかもしれない老後の生活費の補填にも足りない計算になることが多いのです。まして、相談者様のご家庭は、今は教育費負担が大きいとはいえ、支出が大きい家計です。退職金がいくら出るのかはわかりませんが、65歳からの年金受給額を「ねんきん定期便」などから知り、生活費がいくら不足するのか、それが老後30年ではいくら不足することになるのかと計算をしてみると良いと思います。

例えば、老後は教育費がかからなくなるでしょうから、毎月の支出は43万5,000円ほど。活動から考えると、もう少し減らせられるかもしれません。そして、共働きだったご夫婦の年金額が27万円ほどあると仮定すると、不足額は月に16万5,000円。30年分準備するとなると、5,940万円にもなります。少し多めの見積りかもしれませんが、退職金だけで準備できるとは言い難い金額であるように思います。

老後資金は、退職金以外でも備える

ですから、前述のように支出を削減し、貯金を増やしていくとともに、運用することを検討してみましょう。貯金だけで作ることが難しい資金を作るには、運用を取り入れることも有用です。

もし始めてみようと思うなら、自分で年金を作るiDeCo、引き出しが自由なつみたてNISAなど、国の制度を利用しても良いと思います。まだ50歳前後という年齢ですから、長く積立、運用できると、必要な資金に近づけられる可能性もあります。

子育てや親の生活の面倒を見る時期には、必要な支出が多くて大変だと思いますが、それでも支出にメリハリをつけ、将来必要となる資金づくりを目指していただきたいと思います。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。