はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、大学生のお子さんをもつ50代の夫婦。家賃が月の手取りの3割を超えており、将来は家賃を払えなくなる可能性を心配しています。老後は賃貸のまま家賃の安い家に移るべきか、それとも手頃な中古住宅を購入するべきなのでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。


現在賃貸マンションで暮らしており、収入に対しての賃貸料の割合が大きく、かなり家計を圧迫しています。これまでは貯金でやりくりしていましたが、子どもも大学に入学し、より毎月の不足額が大きくなっています。

今はなんとかなっても、老後の資金など貯める事ができず、その上、いずれ収入が減っていくなかで、住まいをどうするかを早めに対策しないといけないと考えています。

賃貸料を下げて、引越しも考えたいのですが、家族の事情であまり場所を変えることもできにくい状況です。今の賃料を支払うなら、これからでも、中古マンションを購入したほうがいいのか、老後、地方に移るしかないのかなど、自分では答えが出せずにいます。

住居をどうしたらいいのか、老後資金をどうやって貯めていけばいいのか、ご相談できたらと思います。

【プロフィール】
・相談者:50歳、専業主婦または短期パート(母の介護で短時間しか働けない)
・夫:50歳、会社員、手取り月収30万 ・子ども:19歳
・住居の形態:賃貸(関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額: 30万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:120万円
・毎月の世帯の支出の目安:38万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:11万8,000円
・食費:7万円
・水道光熱費:2万7,000円
・教育費:3万5,000円
・保険料:1万6,000円
・通信費:1万8,000円
・車両費:2万2,000円
・お小遣い:2万6,000円
・その他:4万8,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):500万円
・現在の負債総額:90万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:10万円
・老後資金:年金夫17万円、妻7万円、退職金はありだが金額不明
・子ども第二種貸与奨学金:8万円/月(受給中、できれば自分達が返したい)

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。老後資金準備を踏まえた住宅購入のご相談です。現在、大学生のお子さまを抱えており、教育費負担が重いなかで、今後の住居を賃貸のままでいくのか、購入したほうがいいのか、またどのように老後資金準備をしていけばいいのか、一つずつ整理して考えていきましょう。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]