はじめに

いよいよ新年度。卒業、就職、転勤、引っ越しなどのイベントが多い時期ですね。そして、3月は車を購入する方が1.5〜1.6倍も多いそうです。

車を購入したり乗り換えると、当然、自動車保険の手続きも必要です。その手続きの仕方で保険料が安くなることもあります。また手続きを間違えると損をすることだってあるのです。

今回は、新年度の乗り換え・買い替えのとき、自動車保険を安くするコツを紹介します。

■車に乗る機会が減った場合
■車を手放す場合
■車を買い替える、増車する場合
■子どもが車を使う時の注意


車に乗る機会が減った人の節約術

コロナ禍で、仕事がテレワークになり、通勤で使っていた車が必要なくなった。転職・転勤で都内での勤務になり車に乗る機会がほとんどなくなった。その場合、自動車保険を安くすることができます。

自動車保険の契約で「通勤・通学使用」から「日常・レジャー使用」に変更すると保険料が安くなります。どのくらい安くなるのかというと、条件によって異なりますが、およそ5〜6%ほど安くなる可能性があります※損保ジャパンの場合で計算

さらに、あまり使わなくなった車をそのままにしておくのは、もったいないと思いませんか。車だって大切な資産です。その資産をそのまま眠らせるなんてムダですね。そこで、カーシェアをすると、有効活用できます。個人間のカーシェアのオーナー登録をしておくと、カーシェア使用料を受け取ることができます。車検、駐車料金などの維持費の補てんにもなります。

ちなみに、カーシェアの使用料は車種によっても料金が変わります。ベンツ、ポルシェなどの高級車のオーナーならば、少しいいお小遣いになる可能性もあります。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]