はじめに

40歳前後の人たちは「ロスジェネ」世代と呼ばれています。1990年代後半から2000年代前半の「就職氷河期」に社会に出た世代のことを指します。バブル崩壊によって「失われた10年」の時です。ロストジェネレーション、略してロスジェネです。景気が低迷していた時期に新卒として社会に出た人たちです。そのため希望通りの職業に就くことができないばかりか、非正規社員や、なかには無職などとなった若者の世代です。

とくに損をしたのは、女性で、男性に比べても非正規雇用が多く、現在も低賃金での生活を強いられています。

非正規雇用だと、収入が安定しないなどの理由から未婚率も高くなります。低賃金で、親と同居し、生活を親に依存しなければ生活が送れない独身者も多くいます。また70代の親に40代の子の「7040問題」など、この世代はさまざまな問題を抱えています。

では、このロスジェネの世代の人が、高齢になるとどんな老後になるのでしょうか?

国際医療福祉大学の稲垣誠一教授によると、約40年後、未婚だったり離別した65歳以上の女性の約半数290万人が生活保護より低い収入になるという予測があります。かなり衝撃的なデータです。女性が将来どのくらいの年金を受け取ることができるのかを予測しながら、対策を考えてみましょう。


非正規の女性の年収は平均197万円

生まれた年で、「アタリ」「ハズレ」がきまり、たまたま就職氷河期のときに卒業したからといって、一生非正規雇用で働くようになるというのは、理不尽な話です。

しかし、日本の多くの企業は、新卒一括採用、年功序列、終身雇用が、まだ多いのも事実。就職氷河期によって、正社員になれなかったため、非正規雇用のまま、仕事を続けているという人が多く、なかなか再チャレンジが難しいのが現状です。

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本調査」によると、40〜44歳の非正規雇用の平均年収は212万円。男性が約241万円、女性が197万円です。ちなみに正社員の平均年収は約344万円です。

非正規の場合の賃金はあまり上がりません。65歳まで仕事を続けた場合、65歳での年金受給額はどのくらいかというとは約10万円です。このままだと老後は、生活保護レベル以下になるという予測です。老後資金を貯めることができればいいのですが、年収約200万円では、貯蓄するのも難しいでしょう。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう