はじめに

高騰する首都圏のマンション価格。新築にこだわらず、中古マンションを視野に入れれば選択肢は大幅に広がりますよね。とはいえ、中古住宅には経年劣化などによって隠れた瑕疵が潜んでいることも。実際に購入した人はどんなことに不満を持っているのでしょうか。

中古住宅の仲介、リノベーション設計・施工を手がけるゼロリノベが、中古マンション購入後にリフォーム・リノベーションをしたことがある368人を対象にアンケート調査を実施。

調査結果から、リノベーションによって不満が解消されたという意見がある一方、壁の薄さなど改修できない部分の問題によって不満が残ったままという人もいることがわかりました。そこで、リノベーション前提で中古マンション購入する際の注意点についてプロに聞きました。


約6割が「水回りに不満」

居住面積が広かったり、立地が良かったりと、同じ予算でも新築マンションに比べて割安感のある中古マンション。リノベーションをすれば、自分好みの間取りやデザインに変更できたり、最新設備を取り入れることも可能ですが、リノベーションだけでは解決できない問題もあるようです。

ゼロリノベが、一都三県に住む、中古マンション購入後にリフォーム・リノベーションをしたことがある368人を対象に「購入時の不満部分、実際に改修した部分、不満の解消度合い」についてアンケート調査を実施しました。

中古マンション購入時の不満について複数回答で聞いたところ、「キッチン(17.5%)」と回答した人が最も多い結果に。続いて「浴室(16.7%)」「トイレ(13.1%)」「洗面室(16.7%)」と、水まわりについての不満が約6割を占めました。

具体的には「キッチンの換気扇やガス台が汚れていた」「浴室のタイルが汚くて、古臭い」「浴槽の内側に垢汚れなどが付着して変色していた。触感がザラザラしていて、子供を入浴させるのに抵抗があった」「トイレの配管がむき出しでカビてくる」「トイレの汚れが取れない」といった声が寄せられています。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう