はじめに

お金は苦手? 税金なんて知らない? なんて……嘆かわしい!

初めまして、税理士芸人「税理士りーな」と申します。一生付き合っていく「お金」について楽しく発信しすることで、意気込んで勉強しなくても笑いながらお金と向き合う一助になれば、という想いで税理士でありながらお笑い芸人として活動しています。今回から、楽しく気軽に読める税のお話を連載させていただきます。

早速ですが会社からいただいている給与は、事前に税金が差し引かれた残りが支給されています。それゆえに、自分の税金が節税できるなんて思っていない方も多いのではないでしょうか?

今回は税金の入門編として、税金の計算がどのようにされていて、どうすれば税金を減らすことができるのか、その仕組みについてお伝えします。


税の知識で賢く節約

「少しでも多くお金を貯めたい!」と誰しも思いますが、毎日コツコツと節約していくのは、好きなものを我慢したり、楽しみも減って精神的に辛く、なかなか続かないですよね。そこで「知識でできる節約=節税」をしてみてはいかがでしょうか? 実は、給与収入のみの方でもできる節税がたくさんあるのです。

現在、日本にある税金は50種類以上。なかでも、自分の行動で大きく税額が変わる大切な税金が「所得税」です。しかも、この所得税を減らすことで、住んでいる地域に納める税金「住民税」も芋づる式に減らすことができます。この2つの税金は連動しているのです。

会社員の方やパート・アルバイトをされている方は、所得税が給与から事前に引かれて職場から納付されています。「天引き」と言ったりしますね。そのため、金額が勝手に決まって、それを変えることはできないと思い込まれている方が多いと思いますが、正しい知識があれば自分で上手に節税することもできるのです。

税金を減らす近道は?

まず、節税のために所得税の仕組みを見ていきましょう。所得税は、「所得(もうけ)」から「控除(引くもの)」を差し引いた残りの金額に税率をかけて計算します。

計算1.所得(もうけ)― 控除(引くもの)= 税金がかかる分「課税される所得金額」
計算2.課税される所得金額 × 税率 = 税額

この税額を安くするには、どうしたらよいでしょうか? 税率は自動的に決まってしまうため自分でどうこうできないので、「(1)所得を減らす」「(2)控除を増やす」の2つができれば、税額を減らすことができます。

もうけを減らすのはなかなか難しいので、「(2)控除を増やす」ことを考えましょう。所得から引かれる控除のことを「所得控除」と呼び、所得控除はさまざまな種類があります。

  • 雑損控除:災害や盗難などで資産に損害を受けたとき
  • 医療費控除:医療費を支払ったとき
  • 社会保険料控除:社会保険料を支払ったとき
  • 小規模企業共済等掛金控除:小規模企業共済掛金やiDeCoなどを支払ったとき
  • 生命保険料控除:生命保険料を支払ったとき
  • 地震保険料控除:地震保険を支払ったとき
  • 寄附金控除:一定の寄付をしたとき

その他にも、本人や家族の状況に応じて受けられる控除もあります。

  • 障害者控除:自分や家族が障碍者のとき
  • 寡婦控除:夫と死別もしくは離婚した後婚姻をしていないなど一定の条件を満たすとき
  • ひとり親控除:婚姻をしていない場合で生計を一にする子がいるとき
  • 勤労学生控除:自分が勤労学生であるとき
  • 配偶者控除・配偶者特別控除:配偶者の所得が少ないとき
  • 扶養控除:扶養親族の所得が少ないとき
  • 基礎控除:所得が一定以下のとき(所得2,400万円以下なら48万円控除)

これらの控除を活用することで、いったいいくら節税できるのでしょうか?

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ