はじめに

インドと隣国のパキスタンに、早すぎる熱波が到来しました。

“世界一蒸し暑い” “人類が住むには暑すぎる町”などとも言われているパキスタン北部のジャコババードでは、2022年4月30日と5月1日に、2日連続で気温が49.0度まで上がりました。ちなみに3月も記録的な暑さとなって異常気象が引き起こす農産物への影響が心配されています。

今月に入り、特にインドでの高温に対するニュースが増えています。


小麦の先物価格が最高値を記録

北西部の道路では62度に達する地域もあり、一般的に50度を超えるとアスファルトが溶けると言われています。この熱波は、低気圧が発生しなかったために、雨が降らず、晴天が続いたことなどが原因のようです。

今回の熱波で打撃を受けているのが農作物で、特に小麦へのダメージが大きく表れています。インドは世界で2番目に多くの小麦を生産していて、インド北部には広大な小麦畑があり、春は生育に重要な時期ですが、熱波の被害が広がっているようです。

一方でロシア(世界3位の小麦生産国)によるウクライナ(世界8位の小麦生産国)への侵攻で、世界的な小麦不足の状況もあり、5月17日には小麦の先物価格が今年3月に14年ぶりにつけた最高値をさらに更新しました。インド政府は世界的な小麦価格の値上がりで市民生活への影響が広がっていることから、5月13日、国内の食料安全保障を図るためなどとして小麦の輸出を直ちに禁止すると発表しました。輸出していた分はインド国内に振り向けることで、自国の安定供給を促す方針です。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を