はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳独身、会社員の女性。老後のために4,000万円を貯めて、サイドFIREを目指す相談者。このままの貯蓄ペースで達成可能でしょうか? また投資資産と現金の比率についても気になっているようです。FPの秋山芳生氏がお答えします。


老後のために、現金と投資を含めて4,000万円貯めたいのですが、どのように運営していけばよいでしょうか。また、色々なサイトで資産運用シミュレーションをしてみると、58歳くらいでサイドFIRE(※)が可能ではと考えていますが、現実的に可能でしょうか。

現在、毎月、iDeCoとつみたてNISAを満額、特定口座に5万円入金しています。銘柄は全世界株式と米国株式です。あと20年、月10万円程投資に回していくつもりです。ただ、そうなると現金があまり増えていかないので、これでいいのかという不安もあります。複利効果を効果的に得るために、預金からもっと投資に資金を回すべきでしょうか。それともこのままのペースでよいのでしょうか。どうかアドバイスをお願いします。

(※)運用による収入と労働収入を組み合わせたFIREのスタイルのひとつ

【相談者プロフィール】
・女性、41歳、会社員、独身
・住居の形態: 賃貸(一人暮らし、北海道)
・毎月の世帯の手取り金額: 24万円
・年間の世帯の手取りボーナス額: 50万円
・毎月の世帯の支出の目安:12万円
・住居費:3万2,000円
・食費:1万5,000円
・水道光熱費:1万円
・通信費:0円(1年間のみ、その後4,180円)
・車両費:2万円
・お小遣い:1万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・ボーナスからの年間貯蓄額: 30万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):970万円
・現在の投資総額: 180万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FPYouTuberの秋山芳生です。今回のご相談は、40代の独身女性からです。58歳を目処に「サイドFIRE」を目指して、現金と投資を合わせて4,000万円の資産を貯めることを目標にしています。今後20年は月10万円の投資も継続していく予定ですが、投資と現金のバランスが気になるとのこと。現金はどれくらいあると安心なのか、また、サイドFIREは実現可能なのかを家計と投資の状況を見ながら一緒に考えていきたいと思います。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介