はじめに

トイレットペーパーは何を基準に選びますか。シングルまたはダブル、肌ざわり、それとも値段でしょうか。

毎日使うものなので、こだわりを持っている人も多いですよね。特にシングルにするか、ダブルにするかは、人によって好みが大きく分かれるところ。二重構造になっているため肌ざわりがいいからとダブルを選ぶ人もいれば、ダブルよりもたくさん使えてお得だからとシングルを選ぶ人もいるのではないでしょうか。

そこで、シングルはダブルよりも本当にお得なのか、エリエールでおなじみの大王製紙にお話を聞きました。


シングルを選ぶ人と、ダブルを選ぶ人の特徴

「そもそもシングルとダブルは製造工程が異なります。シングルは1枚でしっかり拭いても破れないように紙に厚みや強度を持たせていますが、ダブルは2枚重ねるためそのうちの1枚は柔らかさを追求した紙を使用しています」と教えてくれたのは、大王製紙・マーケティング本部ファミリーケア・ブランドマーケティング部の森脇さん。シングルとダブルは製造段階からそれぞれの用途に適した紙になるように綿密に設計されているのです。

また市販のトイレットペーパーの多くに施されている「エンボス加工」。表面に凹凸をつくり紙をふっくらとさせることで、柔らかく肌ざわりのいいトイレットペーパーに仕上げます。ダブルの場合は、2枚の紙それぞれに異なるエンボス加工ができるため、シングルよりもクッション性が高く、肌ざわりのよいトイレットペーパーを作ることができるといいます。

そのため、「ダブルは、品質の良さや肌へのやさしさを期待して購入する人の割合が高いのが特徴です」と森脇さん。それに対してシングルは「価格に対する感度の高い人が多く選ぶ傾向にあります」。

「シングルの方がお得」は本当?

シングルとダブルでは、1ロールあたりの長さが異なります。特にルールがあるわけではありませんが、1ロールあたりの長さを比べると、シングルがダブルの2倍になっている商品が多いようです。1ロールあたりが長くなる分シングルの方がお得に感じますが、必ずしもそうとは限らないといいます。

「シングルでもダブルでも、平均的な3人世帯では2~3日で1ロール使用することが多く、コスト面ではほぼ同程度であると思われます。これは、ダブルに比べてシングルの方が一度に使う紙の長さが長くなりがちであるためです」

またシングルを選ぶか、ダブルを選ぶかは、居住地によってもその傾向が異なり、今までの習慣で同じタイプを選び続けている人も多いそうです。「歴史的に関西圏や北海道はシングルを選ぶ方が多く、関東から中部圏にかけてはダブルの比率が高くなっています」。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ