はじめに

関東甲信地方の梅雨明けは平年7月19日頃ですが、今年は6月27日に梅雨明けをしました。

記録が残る1951年以来、最も早い梅雨明けで、梅雨の期間も21日間と最短となりました。


猛暑で買われやすい銘柄の特徴

梅雨明け前の6月25日(土)から猛暑が続いていて伊勢崎で6月の国内最高気温の40・2度を観測しました。東京も6月に6日間連続の猛暑日を記録し、30日木曜の東京都心は、最低気温が25.3℃、最高気温は36.4℃まで上がり、6月としては1位の値を更新しました。

7月に入っても暑さは続いています。7月2日(土)現在、東京都心は過去最長に並ぶ8日連続猛暑日を記録しています。例年よりも早い暑さの訪れでビールや冷たい飲食物、アイスクリームなどが欲しくなります。

先週の株式市場では、冷凍食品に特化した食品卸のアイスコ(7698)や、日傘などを製造販売するムーンバット(8115)、ティーバッグ麦茶の石垣食品(2901)などの株価が上昇する場面がありました。

その他では、エアコンの買い替え需要などから富士通ゼネラル(6755)、ダイキン(6367)、冷感グッズでワークマン(7564)、しまむら(8227)なども上昇が目立ちました。日焼け止めや汗ふきシートなどの需要の増加などからドラックストアなども関連銘柄として挙げられます。

今年に限らず、「猛暑予想」が発表された場合、前述した銘柄などが買われやすい傾向がある事を覚えておいても良いでしょう。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を