はじめに

ガソリン代や電気代、スーパーの食料品や大手外食チェーンのメニューなど、価格上昇のニュースが絶えません。

全世界的に起こっている物価の上昇(インフレ)は、すでに私たちの生活に影響を及ぼしています。緩やかなインフレは経済の成長に必要な要素とはいっても、ここ最近の急激な物価上昇には、将来に対する不安を感じる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、インフレ時に自分の資産を守るための考え方や具体的な方法を、いくつか紹介していきます。


どのくらいの影響? 数字で見る物価上昇

物価の上昇を表す数字として、総務省が発表している「消費者物価指数」があります。現在、発表をされている最新版の数字では、2022年4月2.5%(前年同月比)です。急激なインフレが懸念されている米国においては、2022年4月 8.3%/2022年5月8.6%(前年同月比)という数値になっています。

この中で、一番物価が上がっている米国を例にとると、去年の4月に100万円で購入ができたモノは、今年108.3万円(+8.3万円)出さないと買えないことを表しています。

諸外国に比べ、日本はまだまだ低いと感じるかも知れませんが、仮にいまのペースで物価が上昇し続けた場合、10年後には、いま100万円の価値のあるモノやサービスが128万円に上がっているため、28万円分値上がりすることになります。

いま保有しているお金が100万円あったとしても、10年後には28万円分足りなくなる。つまり、物価が上昇する=お金の価値が目減りしていくこと、と同じ意味になります。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を