はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、公務員の妻と、2人の子どもと暮らす、36歳公務員の男性。家計の収支が適正か診断してほしいといいますが、FPは収支よりも資産のバランスが気になったようです。FPの秋山芳生氏がお答えします。


36歳、公務員。公務員の妻と、3歳・7歳の子どもたちと4人家族です。

ダブルインカムで、毎月の手取りは約57万円、ボーナスは約300万円あります。このなかから、毎月15万円、ボーナスから150万円を貯金に回しています。

(1)現在の家計は適正か、(2)固定費で下げられる取り組みはあるか、家計診断をお願いいたします。また、(3)2026年3月までに1,000万円貯蓄できるかについてもアドバイスいただければ幸いです。

・男性、36歳、公務員 ・妻、38歳、公務員 ・子ども2人: 3歳、7歳
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:約57万円(夫27万円、妻30万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:約300万円(手取り)
・毎月の世帯の支出の目安:約35万

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万8,000円
・食費:6万5,000円
・水道光熱費:2万円
・教育費:6万円
・保険料:6万円(天引き)
・通信費:2万円
・お小遣い:3万円
・その他:5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:150万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,400万円
・現在の投資総額:12万円
・現在の負債総額:0円
・老後資金…貯蓄型積立保険(養老)月額約4万円、外貨建て個人年金年額約50万円(給与から天引きされている、妻と二人分の合計)

ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼 FP YouTuberの秋山芳生です。今回の相談者さまは、36歳の公務員の方で、3歳と7歳のお子さんがいらっしゃいます。妻も公務員のダブルインカムで安定した収入がありますね。一見、不安はない家計のように見えますが、以下の質問をいただいています。

(1)現在の家計は適正か?
(2)固定費で下げられる取り組みはあるか?
(3)2026年3月までに1,000万円貯蓄できるか?

一つひとつ一緒に考えていきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]