はじめに

日常生活や生き方を通して、お金の価値観・人生観を考えるきっかけになるような話題の本をMONEY PLUS編集部がピックアップ。書籍の担当編集者に読みどころやこだわり、制作秘話などを語っていただきます。

今回は、白濱龍太郎著の『人生が劇的に変わる睡眠法 ―専門医が教える「一流への睡眠戦略!」』をご紹介します。


『人生が劇的に変わる睡眠法 ―専門医が教える「一流への睡眠戦略!」』白濱龍太郎著


「睡眠障害」「睡眠負債」など、睡眠に関する不安にどう向き合えばいいのか。世界の睡眠研究にも詳しい睡眠専門医が対処法を解説した一冊。
四六判/並製/184ページ/プレジデント社/2017年6月29日

担当編集者のコメント

日々の仕事に追われるビジネスパーソンや、育児や家事にも時間をとられる子育て世代となると、睡眠時間を削って目の前のことに対応している人も少なくないでしょう。

「働き方改革」は、まだスローガンにすぎないのか、東京で暮らす人の平均睡眠時間は6時間を切り5時間台。睡眠のレッドゾーンに突入した、と言われているほどです。

そういう生活習慣に、睡眠専門クリニックの院長・白濱龍太郎氏は、こう警鐘を鳴らします。

「脳も体も休ませずに働き、遊ぶことは、生産性を悪くし、健康を害することに、ようやく私たちは気づきました。とくに不眠症や無呼吸症候群、心の病の増加という形で、睡眠不足の体への悪影響ははっきりと数字にあらわれています。心の状態が悪くなれば、仕事のパフォーマンスが悪くなるのも必然です」

では、睡眠を改善し、仕事や生活のパフォーマンスを上げるには、どうすればいいのか。白濱氏はこうアドバイスします。

「優先順位を仕事→遊び→睡眠ではなく、睡眠→仕事→遊びに変えることです。睡眠を第一にすることで脳も体も、そして心も健康に維持することができるようになります。結果として仕事のパフォーマンスも上がり、休日を自分の好きなことに使えるようになるのです」

なお、本書は、不眠、睡眠不足、いびき、時差ぼけなどで睡眠のことが原因で、生活や仕事に支障をきたしている症例をもとに、仕事の第一線で活躍する人を患者モデルに仕立てました。

彼らがクリニックを訪問、白濱氏が悩みに答えるQ&A形式で構成。とても読みやすいうえ、悩み解決のアドバイスに思わず肯き、実践したくなる内容になっています。 

(プレジデント社 担当編集:K)

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。