はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、29歳、会社員の男性。30歳の妻と二人暮らしで、もうすぐ第一子が生まれる予定という相談者。これからマイホームを購入し、第二子も希望しており、家計や保険を見直したいといいます。FPの鈴木さや子氏がお答えします。


こんにちは。他の方へのご回答拝見し、日々勉強させて頂いております。

29歳会社員、30歳会社員の妻と二人暮らしです。間もなく第1子が生まれることを機に、保険加入(生命保険や学資保険等)やマイホーム購入について検討を始めたのですが、全体の支出のうち、今までは食費や交際費の占める割合が突出して高く、今のままではいけないという危機感を持っています。

今後もう1人子供が欲しいと考えており、かつ第1子が小学生になるまでにマイホームを購入(希望予算4,000万円、60歳までにローン完済)することを目標として、今後は各費用項目を月額いくらの支払いに抑えていくべきか、実際の月収を元にご意見を頂ければと思い投稿させて頂きました。

特に保険に関しては、以下4つの契約を考えているものの、月収に見合った金額か。保険でこの金額を捻出する場合、他の費用項目はどこまで抑えるべきでしょうか。

・終身保険(低解約返戻金型 / 学資代わり):2万7,000円
・自動車保険:1万2,000円
・医療保険:夫婦併せて1万3,000円
・生命保険(掛け捨て):3,000円
※いずれも月額です

月収は夫40万(ボーナス年2回で計180万)・妻34万ほどです。妻の月収は夜勤込の金額につき、出産後は3分の2以下になる見込みです。夫の年収は出世次第ですが、順当にいけば数年以内に750万、さらに7年前後で1,000万円に到達する見込みです。

【相談者プロフィール】
・男性、29歳、会社員 ・妻:30歳、会社員
・住居の形態:賃貸(東海地方)
・毎月の世帯の手取り金額:60万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:140万円
・毎月の世帯の支出の目安:36万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万8,000円
・食費:7万円
・水道光熱費:1万2,000円
・保険料:2万2,000円(自動車保険、妻の医療保険)
・通信費:8,000円(携帯、Wi-Fi)
・車両費:2万円(ガソリン、車検代積立)
・お小遣い:4万円(夫婦合算)
・その他:医療費1万円、被服費2万円、旅行・交際費8万円、雑費:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:24万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:30万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,700万円
・現在の投資総額:160万円
・現在の負債総額:配偶者の第1種奨学金残債145万円

鈴木:もうすぐパパになる方から、お子様誕生を前に、今後のライフプランを明確にし、叶えるためのお金の使い方、備え方をご相談いただきました。大きく環境が変わる前にしっかりとお金のプランニングをするのはなかなかできないこと。素晴らしいですね。ご相談者様のライフプランと家計状況をもとに、資産推移のシミュレーションをし、一緒に考えていきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]