はじめに

在宅ワークが普及し、インターネット回線を利用している家庭も多いと思います。しかし、「入居したときに契約してそのままにしている」人や「インターネット回線の切り替えが面倒」などと思っている人も多く、インターネット回線の見直しを行っていないケースが見られます。インターネット回線の料金も固定費に該当しますので、一度見直すことで家計の負担を抑えることにつながります。

今回は、インターネットを見直す際のベストなタイミングや、価格を下げる方法について解説します。


インターネット回線の料金を下げる方法

ここでは料金を下げる方法について、代表的な3つの方法を見ていきましょう。

1.不要なオプションが付帯していないか確認する
インターネット回線を契約するときに、キャンペーンとしてさまざまな付帯サービスが一定期間無料で利用できるケースがあります。しかし、それらの付帯サービスは一定期間を過ぎたら課金の対象となり、現在支払っているインターネット回線料に含まれている可能性があります。一度明細を確認し、不要なオプションが付帯しているなら、解約しましょう。これらのオプションはスマホを購入する際の付帯サービスと重なっているケースが多く見られます。重複している付帯サービスはないかをしっかりと確認することが大切です。

2.他サービスとのセット割を活用する
最近では多くの会社がインターネットサービスを提供しており、乗り換えることにより、インターネット回線料が安くなるケースもあります。中には、「マネーフォワード光 powered by USEN NETWORKS」のような、回線を契約すると家計簿アプリであるマネーフォワードMEのプレミアムサービス(月額500円)が無料になるインターネットサービスもあります。セット割となるサービスをすでに使用している場合や、これから利用しようと考えている方は、インターネット回線の価格だけでなく、他サービスの利用料も合わせて計算してみるのがいいでしょう。

3.スマートフォンとのセット割を利用する
インターネット回線の料金を安くするなら、スマホとセットで契約する方法も手です。docomoやソフトバンク、auは、いずれも光回線と合わせたプランを提供しており、携帯電話のプランによっては2,000円近くの割引が期待できます。

ただし、最近では楽天モバイルやahamo、povo、LINEMOなど、スマートフォンの低価格キャリアも多くあります。スマートフォンは大手キャリアから低価格キャリアに乗り換えて、別途インターネット回線を契約するほうが安くなることも多くあります。自身のスマートフォンの利用状況を鑑みて検討してみましょう。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]