はじめに

地方税統一QRコード(eL-QR)を利用したお得な納税テクニック

ここからはお得な納税方法について解説します。5月に納付書が届く自動車税・軽自動車税の支払いにもきっと役立つ情報です。

地方税お支払サイトではインターネットバンキング、口座振替、クレジットカードなどでも納税できますが、インターネットバンキング、口座振替では還元を得ることは基本的にできません。クレジットカードではカードの還元は得られますが、別途支払い手数料がかかります。手数料不要で納税できるキャッシュレス決済アプリが最もお得になりやすいと言えます。先に答えを言ってしまうと、オススメはau PAY、ファミペイ、そして楽天ペイの3種類です。

au PAY

クレジットカードからau PAY残高にチャージすると、カード利用によるポイントを獲得できます。au PAYへのクレジットチャージが還元対象か事前に確認しましょう。au PAYへのクレジットチャージの上限が、2023年4月1日(土)から月に5万円までとなったため注意が必要です。 なお、au PAYカードは月に25万円までチャージが可能ですが、2022年12月1日(木)以降、au PAYカードからau PAYへのチャージは還元対象外になっています。

au PAYで納税した際の還元はありませんが、毎月5の付く日と8日に開催されている「たぬきの抽選会」には参加できます。最低1ポイント、最高3,000ポイントが当たる抽選が受けられるので、5、8、15、25日のいずれかに納税するといいでしょう。

ファミペイ

こちらも、残高にクレジットチャージする際の還元が得られます。チャージできるカードはJCBブランドのみです。ファミマTカードだと、チャージにより0.5%還元が得られます。1ヵ月あたり100万円までクレジットチャージできるので、上限に困ることもありません。

その他のJCBカード、例えばマネックスカードなどではチャージにより1%還元が得られますが、ファミペイ側の仕様により、月に2万円のチャージまでと上限が厳しくなります。2万円までは高還元カード、残りはファミマTカードでチャージするといいでしょう。au PAYでは税金支払い時の還元はありませんでしたが、ファミペイでは税金の支払い1件ごとに10円分の特典が受けられます。

ポイ活の次に家計改善で取り組むべきことは? 無料FP相談でお金の不安を解決[by MoneyForward]