はじめに

新NISAが話題ですが、今月に入り「私にはNISAはまだ早いのでは?」と保険商品を検討しているというお客様からのご相談が相次いでありました。もしや同じように悩んでいる方もいるのでは?と想い、解説していきたいと思います。


保険のほうが安心?

金融機関で「NISA」口座を開き運用すると、その口座内で生まれた利益が非課税になり、この非課税メリットが一生続く、これがNISAです。通常運用利益にかかる税金は20.315%ですから、これがかからないというのはとても「おいしい」話です。

ポイントは、「投資」を自ら行うという点です。投資ですから、価値が上がることも下がることもあり、結果損をするかもしれません。また投資商品を自分で選ばなければならない難しさもあります。

坂田様(仮名)35歳男性会社員は、最近お子さんが産まれたこともあり、生命保険を検討されていました。保険会社の方より、「資産形成していますか?」と聞かれ、「NISAをやろうかなと思っているところです」と答えたそうです。

するとその方が「NISAは利益が出れば良いですけど、投資未経験の方にはやはり難しいのではないかと思いますよ。その点、変額保険であれば、保障もついているので安心して資産形成もできます」とオススメされたそうです。

坂田さんは、万が一亡くなったら1,000万円の保険金が運用の成果にかかわらず必ず受け取れ、さらに運用益が上がればその分保険金が増える点、不慮の事故などで障害を負ってしまったら、その後の保険料の支払は不要でかつ運用が継続される点、保険料が生命保険料控除となるので節税になる点、その保険を担保に貸し付けも受けられる点、保険で用意されている運用商品はどれも過去の実績が優秀で優れている点などが書かれたメモを筆者に見せてくれました。

そして「やはり、NISAより保険の方が安心かと思っているのですが、第三者の意見も聞かせてもらえませんか?」とおっしゃいました。

坂田さんのメモからは、パンフレットを一生懸命読み込み勉強された様子がよく分りました。また父親としての責任から、失敗はできないという決心も感じられます。

その家計で新NISAをはじめて大丈夫?お金のプロが無料診断[by MoneyForward]