はじめに

新しいNISAが始まり、月々ムリのない金額で投資信託の積立を開始された方も多いようです。一方、年間投資枠360万円を使い切りたいとおっしゃる方も少なくなく、今回は「成長投資枠」をどう使うのかについて解説していきたいと思います。


オルカン一人勝ち?

報道によりますと、2024年1月に販売された投資信託のなんと96%がNISA口座で購入されたそうです。特にeMAXIS Slim全世界株式の資金流入が3400億円とダントツでした。

この投資信託は、いわゆる「オルカン」と呼ばれるもので、2018年の設定以来つみたてNISAで大人気となった商品です。MSCIオールカントリーワールドインデックスという指数に連動するインデックスファンドで、日本を含む先進国および新興国の株式に投資を行います。

まさに、このファンドをひとつ持っていると、世界中の株式会社の株主になれる便利な投資信託です。基本的に、アメリカの株式市場に約6割を投資します。残りは日本、イギリス、フランス、カナダ、ドイツといったその他の先進国に約3割、残りの1割で中国、インド、台湾といった新興国に投資をします。

実際に組み入れられている銘柄を見ると、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、メタ、テスラといったおなじみの会社が並びます。他にもJPモルガンといった有名な金融機関も名を連ねます。

またこのファンドを通して、NVIDIAやブロードコムといった世界を牽引する半導体関連会社にも投資ができるので、正に世界経済のトップに投資をする醍醐味を味わうことができます。

組み入れ銘柄数は全部で3000社近くにも及ぶので、そのダイナミックスさは初心者のみならず投資の効率を考える人であれば、十分満足がいく内容ではないかと思います。さらに、信託報酬の安さもピカイチで、0.06%は破格と言えます。

もし全世界に低コストで投資をしたいと考えているのであれば、つみたて投資枠で毎月10万円 eMAXIS Slim全世界株式を購入し、成長投資枠でも毎月20万円おなじ投資信託を積立購入してもよいのではないかと考えます。

その家計で新NISAをはじめて大丈夫?お金のプロが無料診断[by MoneyForward]