はじめに

4月1日から各地域の子育て支援パスポートが全国でも利用可能に

各都道府県が発行している「子育て支援パスポート」はご存知ですか?(各地方によって名称は異なります)

実は全国の都道府県では、子育て中の家庭を支援するため、各地域で優待サービスを受けられるカードを発行しています。そんな子育て支援パスポートが4月から進化しているのです。

内閣府は、全国的に“子育て世帯”を支援するため、すでに実施されている「子育て支援パスポート事業」を各都道府県と協力。なんと、今お住まいの地域だけではなく、全国の他地域でも優待サービスが受けられるようになりました。

この子育て支援パスポート、各施設での料金の割引だけでなく、買い物中の託児サービス、割引券の発行、記念品プレゼントなど、子育てをしているご家庭に嬉しいサービスが盛り沢山なんです。

内閣府 > 子育て支援パスポート事業の全国共通展開について


来年4月からは全国47都道府県がつながる予定

内閣府が進めるこのプロジェクト、平成29年4月までに全都道府県で実施される予定です。今年4月からは41道府県で利用可能。その後、10月に東京・山梨・大分・沖縄が、平成29年4月1日からは神奈川・大阪でも利用できます。

利用方法は、今住んでいる地域で発行しているカードに「全国共通ロゴマーク」を貼るだけ。全国共通ロゴマークは各地域のカード発行窓口で受け取ることができます。それでは関東の子育て優待パスポートを見ていきましょう!

【神奈川県】かながわ子育て応援パスポート

「子どもを産むなら神奈川」「子どもを育てるなら神奈川」をモットーに環境の整備をしている神奈川県。2012年からは、子育て家庭の外出を応援するサービス「かながわ子育て応援パスポート」を開始しました。

携帯やスマホ、パソコンを通じて登録すれば、神奈川県が発行する「子育て応援パスポート」が発行されます。買い物などで県内の施設を利用する際に、そのパスポートを提示すれば各種の優待サービスが受けられるというわけです。

パスポートに登録できるのは、神奈川県内在住の妊娠中の方や小学生以下の子どものいるご家庭で、登録は無料です。

利用できるのは飲食店だけではなく、その項目は多岐にわたります。以下のようなレジャー施設や衣料品店でも利用できます。以下は協力施設のほんの一例です。詳しくは公式HPからチェックください。

箱根園

  • 水族館入場料
  • おとな(中学生以上):1,500円→1,200円
  • こども(4才〜小学生):750円→600円 ※3才以下無料

メガネドラッグ

メガネ一式お買い上げの方、通常料金より10%割引(同伴も優待可)。

イオンシネマ

「ミニポップコーン券」をプレゼント。

紳士服コナカ

精算時にパスポート提示で、お買上げ金額より5%OFF。

公式HPからはお住いの地域別に利用できるお店が検索できます。神奈川県在住の方、神奈川県に行く予定のある方は上手に使いこなしましょう!

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう