株式投資は売り買いの差益を得るキャピタルゲインだけでなく、株主が企業から配当や優待を享受するインカムゲインを楽しみにする方も多くいらっしゃると思います。今回は、手厚い株主優待と、安定した配当金が魅力のKDDIにフォーカス。2018年3月31日現在の株主名簿に記録された方(※1)が対象となる株主優待や配当金について、ご紹介します。

※1 株主名簿に記録されるには2018年3月27日までに1単元(100株)以上株式を購入しておく必要があります。


全国の美味しいモノが選べるカタログギフト

今、個人株主が増加しているというKDDI。その魅力に挙げられるのが、毎年6月にもらえる株主優待と、今期で16期連続の増配を予定している年2回の配当金です。

同社は株主優待を2014年から導入し、開始当初は保有株式数と保有期間に応じて『au端末割引クーポン』を贈呈していました。

しかし、その株主優待のメリットを享受できるのは主にauユーザーだったため、まず2016年に、100株以上保有する株主に2,500円相当の『au WALLET Market(※2)商品詰め合わせ』を贈呈する内容に変更しました。

※2 KDDIが全国2,500店舗あるauショップなどで展開している物販サービス

さらに、株主の方からの「商品を自由に選びたい」という声を反映し、2017年からは、『au WALLET Market』で取り扱っている「全国47都道府県のグルメ品」からお好みの商品を自由に選べるカタログギフトに刷新。これにより、商品が自由に選べるようになりました。47都道府県の名産品が集まったカタログギフトのため、他の株主優待との差別化も図られており、2017年3月末の個人株主数は2016年9月末比で約1.5倍に増加しました。

カタログギフトは、保有株式数と保有期間に応じて、3,000円相当、5,000円相当、10,000円相当の3つのコースがあります。

たとえば、3,000円相当のカタログギフトには、北海道の「十勝白い牧場アイスクリーム」や滋賀県の「かねきち 近江牛 すき焼用」など。5,000円相当には、山形県の「特別栽培米 山形県置賜産 つや姫」や神奈川県の「耀盛號(ようせいごう)ふかひれ丼・デザート」など。10,000円相当には、長野県の「信州プレミアム牛サーロインステーキ」や山口県の「とらふぐ刺身・ちり鍋セット」などがあり、とてもお得感満載な優待です。

KDDIの担当者に話を聞いてみると、お米やお肉、アイスクリームを選ぶ株主の方がとても多いようです。また、今年のカタログギフトにはKDDIのCSR活動「しまものプロジェクト(※3)」からなかなか手に入らない離島の商品が加わるとのこと。これまでの魅力的な商品にプレミアム感も創出されそうです。

※3「しまものプロジェクト」は、KDDIのノウハウ・アセットを活用し、離島地域の活性化を応援するプロジェクト。「au WALLET Market」での産品販売や商品PR・販路拡大に向けた離島事業者の教育サポートなどにより、離島地域活性化の一助となっています。

さらに、カタログに載っている商品は『au WALLET Market』でいつでも購入できるので、気に入ったら簡単にリピートできるのもうれしいポイントです。

他にもあるKDDI株を保有するメリット

KDDI株を保有すると年に2回、配当通知と一緒に送られてくるのが、株主向け冊子「株主通信」です。この「株主通信」にもうれしいメリットがあります。

購読後に「株主さまアンケート」に答えると「KDDI施設見学」や「コンサート」、「サッカー観戦」「カーレース観戦」など、KDDIが協賛する企業のイベントへの招待、QUOカードや食品などのプレゼントが抽選でもらえるのです。

この「株主さまアンケート」の招待&プレゼントを毎号楽しみにしている株主の方も多いそうです。KDDIの担当者は、「株主さまアンケート」に届く一人一人の声を参考に、全国さまざまな地域で参加できるイベントやお住まいの地域に左右されない食品をプレゼントするなど、毎号工夫しているそうです。

ご招待・プレゼントのご案内(例)(※4)
-KDDI新宿ビル見学会 40名さま
-コンサート 10名さま
-しまものマルシェ厳選産品 各50名さま計100名さま
 1. 種子島こだわりアイス 90g×12個
 2. 活き〆冷凍くるまえび 300g(7~14個)
-QUOカード(500円分) 300名さま

※4 2017年冬号の例、現在は応募を締め切っております。招待&プレゼント内容は、毎号変わります。

株主優待とは別の「裏優待」のような特典は、これだけにとどまりません。「株主通信」の中に、KDDIグループのサービス利用時に使用できる各種割引クーポンもついています。

たとえば、KDDIグループ会社のLoco Partnersが運営する会員制宿泊予約サイト「Relux」やジュピターショップチャンネルが運営する通販・テレビショッピングの「ショップチャンネル」、KDDIサービスの「スマホdeドック」で使えるクーポンです。

クーポンの利用を通して、株主の方に喜んでいただくと同時に、KDDIサービスも知ってもらいたいという思いから、このような特典も新しく始めたそうで、今後の内容にも期待が持てそうです。