はじめに

証券コード「3000」番台後半~「4000」番台

証券コード銘柄名時価総額(億円)売上成長率(%)
3649ファインデックス34554
3660アイスタイル42347
3665エニグモ31667
3666テクノスジャパン21853
3674オークファン134109
3679じげん59851
3686ディーエルイー8852
3689イグニス137260
3697SHIFT18677
3724ベリサーブ17846
3733ソフトウェアサービス23786
3900クラウドワークス9567
3904カヤック16858
3925ダブルスタンダード8681
3928マイネット85102
3932アカツキ41244
4528小野薬品工業1600064
4565そーせい28002522
4587ペプチドリーム265074

※時価総額は8月27日の終値ベース

こうして見ると、圧倒的に3000番台のネット関連企業が多いですね。成長率の高い「イグニス」「マイネット」はソーシャルゲームで、「オークファン」はM&A分が乗っかっているのであれなんですが、ソフトウェアテストの「SHFIT」の高さも目につきますね。

そして、今年の顔と言えば「そーせい」ですよね。マザーズ市場を大いに盛り上げてくれて、ちゃんと実績も伴っています。「小野薬」「ペプチド」とともに、バイオ銘柄の大出世株です。