はじめに

限定エスニック惣菜とスイーツ3選

エスニックフェアでは、前述の調味料を使用したエスニック惣菜や、限定スイーツも発売。おすすめの3品について、勝本料理長に教えてもらいました。すべて成城石井自家製です。

①鶏肉とさつま芋のベトナム風カレー ¥599(税抜き)

勝本料理長監修のレッドカレーペーストとナンプラーを使用。「 ココナッツミルクのまろやかな甘さと紅はるかの甘さが相性抜群のベトナム風チキンカレーです。ターメリック、カルダモン、スターアニス等のスパイスを効かせて少し甘めのカレーに仕上げました。具材にカレー風味のグリルチキンをトッピング。香ばしい鶏肉の美味しさを堪能していただけます」

②海老と豚ひき肉のトムヤムビーフン ¥699 (税抜き)

こちらもシェフ監修のチリインオイルとナンプラーを使用。「スープにはココナッツミルクより濃厚でコクのあるココナッツクリームを使用しており、ライムのさわやかな酸味と黒糖の奥深い甘さを感じられるよう仕上げました。チリインオイルやシーユーダムなどエスニック感満載の調味料をふんだんに使って炒めた豚ひき肉をよく混ぜて召し上がっていただくと、異国情緒たっぷりの時間を満喫できます」

③ベトナムコーヒー風練乳プリン(バインフラン) ¥270 (税抜き)

バインフランはベトナムでチェーと並ぶ人気のスイーツ。「バインフランを参考に成城石井独自の味、食感を追求して作りました。コクがあってまろやかな練乳入りプリンと、ほろ苦いキャラメルアーモンドをまとったコーヒーゼリーとの味と食感のコントラストがお楽しみいただけるスイーツに仕上げました」

より本格的なエスニック料理を楽しむなら

成城石井が東京都と神奈川県に6店舗展開するワインバーの「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」 は、メニューの約7割に成城石井の食材を使用。世界中のおいしいものを知りつくした成城石井ならではの、普段はなかなか食べられないような食材の組み合わせを楽しむことができます。

今回「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」では、エスニックフェア限定メニューが登場。オリジナル調味料を使った本格的なエスニック料理が楽しめます。

限定メニューは計5品。おすすめは、ナンプラーで作る自家製のエスニックドレッシングとシラチャマヨネーズが味の決め手の「成城石井自家製ローストビーフとパクチーのエスニック仕立てシラチャマヨソース」(¥780・税抜き)です。「ローストビーフに玉ねぎやパクチーを巻いてお召し上がりください」と、メニューを手がけた水野翔太チーフシェフ。

家庭でも手軽にエスニック料理を楽しんでもらいたいという思いから生まれた、こだわりの詰まった調味料。いつものメニューにひと味足すだけで、エスニック風味を簡単に取り入れることができ、料理の幅が広がるのは間違いなさそうです。

(文:編集部 土屋舞)

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。