返済額を増やして、返済期間を短縮させる

現在、借金の残高が350万円あるとのこと。相談者さんが消費者金融からどれくらいの金利で借り入れているのか、返済方式もどの方式を選択しているのか詳細がわからないので、ざっくりとしたお答えしかできませんが、仮に消費者金融からの借り入れ金利が15%程度だと仮定し、返済方法は、定率リボルビング方式だとします。

リボルビング方式は、残高に対して金利がかかり続ける方式になっています。ですから、毎月の返済額を増やして少しでも早い期間で返済することが大切です。

相談者さんは、2年程度で借金を返済したいとのことですが、大手消費者金融のシミュレーションを使って、計算してみましょう。借入残高350万円を2年程度で返済するには、毎月約16万9,000円返済していく必要があります。現在、毎月10万円返済しているとのことですが、毎月10万円の返済だと、約4年近くかかります。

仮に前述の支出の見直しで毎月2万円を削減できた場合、毎月12万円を返済することができます。そうすると、完済するまでの期間を1年間短縮することができ、約3年で返済することができます。

加えて、ご相談者さんは、ボーナスから毎年8割程度の金額、30万円程度を返済しているとのこと。このボーナスでの支払いを繰り上げ返済資金として活用すると、利息を大幅に減らし、返済期間を短縮できる効果があります。ですから、今よりも毎月の返済額を2万円程度増やし、ボーナスからの返済も続けることができれば、ご希望の2年程度での返済に近づくでしょう。

金利の低いローンへ借り換えるという手も

また、必ずできるというわけではありませんが、ケースによっては、金利の低いローンに借り換えることもできます。

銀行のカードローンの方が消費者金融のローンよりも金利が低い場合も多いので、借り換えを検討してみるのもひとつです。

たとえば、銀行により商品名が異なりますが、フリーローン、おまとめローンなどがあり、借り換え先の金融機関や借り換える金額により金利は異なりますが、低いところで7〜8%程度の金利で借り換えができるようです。

先ほど、金利15%で毎月10万円返済した場合には、350万円の借金を返済するまでに約4年近くかかるとお話ししましたが、たとえば、7.7%のローンに借り換えることができれば、約3年で返済することが可能です。そこにボーナスの一部で繰り上げ返済も利用すれば、今のペースでの返済で2年以内に返せる可能性がぐっと高まってきます。一度、銀行の窓口などで相談してみるのもよいでしょう。

せっかく結婚したいお相手がいるのですから、支出を徹底的に見直し、毎月の返済金額を増やしたり、繰り上げ返済をしたりして、早期に返せるようにしたいですね。