「なかなかお金が貯まらない」というときは、普段何気なく支払っている項目から見直しを行うのが効果的です。特に、自動車を持っている方にとって負担の大きい「自動車保険」は見逃せない支出です。

そこで今回は、自動車保険の上手な見直し方のポイントをご紹介いたします。


割安なダイレクト型自動車保険を検討しよう

保険料を節約するためとはいえ、事故時の備えをおろそかにするのは心配です。そのためまずは、補償内容を充実させたままでも保険料を抑えやすい「ダイレクト型自動車保険」への乗り換えを検討しましょう。ダイレクト型とは、電話やインターネットを通じて保険契約を行うタイプの自動車保険です。店舗運営の経費や人件費などを抑えられるため、多数の店舗を持つ代理店型と比べて割安な保険料を実現しています。

保険会社を選ぶ際には、複数の保険会社で見積もりを取って保険料を比較しましょう。また、事故対応の評判についても、口コミやランキングサイトなどで確認しておくと安心です。たとえば、事故受付は24時間365日行ってくれるのが一般的ですが、相手方への連絡や代車の手配などの初期対応については、対応時間が保険会社によってバラつきがあるといったことがあるので、注意が必要です。

通販型の自動車保険は、保険会社のホームページから自分で申し込み手続きを行う必要があります。少しでも分からないことがあればコールセンターに問い合わせて確認し、納得してから加入することが大切です。

目指せ優良ドライバー!保険料に影響する加入条件とは?

自動車保険料は、基本的に事故を起こす可能性が低い方ほど安くなります。そのため、保険加入時には「運転者の年齢や範囲」や「免許証の色」「使用目的」などを申告して、自分がどのくらい優良ドライバーであるのかを示す必要があります。たとえば、免許を取りたての若いドライバーよりも、ゴールド免許の熟練ドライバーの方が事故に遭う確率が低いと想定されるため、保険料が安くなるのです。

保険料を抑えるためには、現状の生活に合わせて正しく申告することが大切です。保険期間の途中でも加入条件の変更手続きは行うことができます。「子供が独立して運転者の範囲が狭まった」「使用目的が通勤からレジャーに変更になった」など、変更内容によっては保険料が返ってくることもあります。加入条件が変わったら、すぐに保険会社に連絡をするようにしましょう。

また、事故で自動車保険を使用すると事故歴のあるドライバーと認識され、翌年からの保険料が大幅に上がります。安全運転を心掛けて事故を起こさないことが、何よりも保険料の節約につながります。