「ブログのアクセス数を増やしたい!」

副業ブログを始めたものの、アクセス数がなかなか伸びずに不安を感じることが往々にしてあります。この調子で続けて良いのだろうか……と。

そんなとき、チェックしておきたい項目が3つあります。「本文」「記事タイトル」「検索ボリューム」です。ここをしっかりと押さえることで、GoogleやYahoo! で検索結果の上位にあがりやすくなります。あなたの記事がこれらに沿って作られているかを確認してみてください。

ブログで月3万円稼ぐ副業術をお伝えしている本連載。今回は第7回目。記事におけるSEO対策をお伝えします。


検索はすべて、悩みの解決が目的である

まずは、ユーザー視点に立って考えてみます。あなたがGoogleやYahoo! で検索するとき、どういったシチュエーションがあるでしょうか? 実は、ユーザーが検索をする目的はすべて「悩みの解決」なのです。

「洋服 ケチャップ 汚れ」
「睡魔 消し方」

これらは、わかりやすい悩みの例です。洋服についたケチャップ汚れを取る方法を知りたかったり、眠気を飛ばす方法を知りたかったりする訳です。

他にも「新宿 待ち合わせ」であれば、おそらく新宿の待ち合わせスポットを知りたいのでしょう。「3分 何文字」は、結婚式の披露宴か何かで3分間のスピーチをする予定の方かもしれませんね。「暇 アプリ」は、暇つぶしができる面白いアプリを知りたがっていると考えられます。

どんなキーワードで検索するにせよ、ユーザーはその先に「答え」を求めているのです。

悩みの大小はありますが、あなたの記事が検索ユーザーの答えになっているかを確認してください。記事の見出しや本文に「検索キーワード」を散りばめながら、ユーザーの満足度を意識した記事に仕上げましょう。

参考:「起承転結はダメ!読まれるブログは「ドラえもん式」で書こう

SEO対策の第一歩

ブログ初心者やGoogleなどの検索エンジンを意識せずに記事を書いている方にありがちなのですが、記事タイトルを適当につけてしまう方がいます。例えば、こんな記事タイトル。

「UNIQLO ストレッチウールジャケット」

この記事の内容は、「ユニクロのセミオーダースーツを作ってみたら良かったよ」という商品レビューです。

でも、商品名を記事タイトルにしても、ユニクロ公式サイトより検索上位に表示されることはありません。また、人気の商品やサービスに関する記事はネット上に多く溢れているので、この記事タイトルではそれらに打ち勝てません。

SEO対策において、記事タイトルは基本中の基本です。記事タイトルに、ユーザーが入力すると思われるキーワードを含めてください。以下一例。

「商品名 + フィット感」
「商品名 + 就活で使える?」
「商品名 + どこで採寸する?」

ユーザーが、どんなキーワードで検索しているのかを知りたい場合は、関連キーワードツールを使うと便利です。

このツールを使って「ストレッチウールジャケット」を調べると、「秋冬」「ツイル」「洗濯」「礼服」「カジュアル」などが表示されます。検索するユーザーの気持ちになってキーワードを選定しましょう。