はじめに

30代独身の平均貯蓄額は約317万円。そのうち57.1%が貯蓄100万円未満

月5万円の貯蓄を10年続けたとすると、単純計算で5万円×12カ月×10年となり合計600万円です。では、実際にそのくらい貯めている人はどのくらいいるのでしょうか。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)2018年」によれば、30代独身の平均貯蓄額は約317万円です。そのうち、貯蓄ゼロが39.7%、100万円未満が17.4%になっており、あわせて57.1%が、貯蓄0~100万円未満です。

30代独身の貯蓄がある人だけで計算した平均貯蓄額は533万円なので、貯蓄のある人とない人との差が大きくあるということがわかります。

図5

病気やケガなどの万一の時には、公的な社会保障がありますが、条件に合わない場合には保障されません。また、手続きは自分でしなくてはならず、手元にお金が払い込まれるまで時間がかかる場合もあります。

いざという時のために、月の収入の3カ月分程度はプールしておきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]