生活

「後輩におごり、帰りはタクシー」40代未婚男性の浪費癖

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は44歳の未婚男性。年収は500万近くあるのに、貯蓄は230万。貯まらない理由は、後輩におごったり、タクシーを頻繁に利用したり、散財しがちな生活習慣にあるようです。FPの横山光昭氏がお答えします。

つい、お金を使いすぎてしまいがちで、貯蓄があまりできていないので、貯蓄ができるようになりたいです。今40歳半ばですが、結婚の予定はありません。このまま一人で老いていくことを考えると、老後資金をしっかり貯めなくてはいけないと思うのですが、支出がどうも減りません。食事は外食ばかりですし、スマホもよく使うので、毎月1万円以上を払っています。サプリや男性化粧品も買いますし、本も読みたくて毎月10冊は買ってしまいます。


また、交際費もかけがちで、職場の後輩と飲みに行くことが多いです。後輩は収入もそう多くはないだろうし、仕事も大変だろうと思い、つい、おごってしまうのです。そして、帰りはタクシー。話しているだけでムダかなと思える部分があるのですが、自分にとってはいつもの支払いで、どうやったら減らしていけるのかがわかりません。後輩との飲み会も、楽しみにしていると思うと断れないですし……。今の状況をあまり変えずに、お金を貯めていくことはできるでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・男性、44歳、未婚
・職業:会社員
・手取り世帯月収:32.6万円
・手取り年間ボーナス:約100万円
・貯蓄:230万円


【支出の内訳(32.4万円)】
・住宅ローン:6.1万円
・食費:7万円
・水道光熱費:1.2万円
・通信費:1.7万円
・生命保険料:0.6万円
・日用品代:1.8万円
・医療費:1.1万円
・交通費:3.7万円
・交際費:5.5万円
・娯楽費:1万円
・その他:2.7万円


横山: ご相談ありがとうございます。お金を貯めたいという割には、お金の使い方に優柔不断な部分があり、なかなかコントロールができていないという印象を受けます。出すところは出して、締めるところは締める。そういう風にできると、大事なところにはお金をかけ、そうではないところを節約するというメリハリができるでしょう。ご相談者さんの場合、どうするとうまくできるのか考えてみましょう。

収入があるのに貯まらない人の特徴

支出を見ていると、高額な支出がたくさんあります。食費、通信費、日用品、医療費、交通費、交際費は、多くのご家庭の支出と比較しても、支出が多いといえるでしょう。ですが、収入もあるので、多額な支出が重なっても支払うことができてしまいます。この状況に甘えてしまうから、あるだけお金を使ってしまう暮らし方になってしまうのです。これは、ある程度の収入があるのにお金が残らない人の特徴的なお金の使い方です。

すべてにお金を支払っていては、お金が残るはずはありません。どこかにお金をかけたいのであれば、どこかは削る。そういう調整が必要です。ご相談者さんの場合、大切にしたい支出はどこでしょうか。まずはそこを考えましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ