生活

手取り月19万、カツカツの生活から脱却できた家計見直し術

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回は、マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のもとへ実際に家計相談に訪れた方のお悩みをご紹介します。相談者はアルバイトで生計を立てている36歳の女性。手取りは月19万円ほど。一見、特に無駄な支出はなさそうですが、今の収入では生活はカツカツです。なんとかしたいといいますが……。

(※相談者の了承を得た上で掲載しています)


アルバイトで生計を立てる36歳女性

「家計簿はつけているのですが、赤字になりがちで困っています」と家計相談に来られたのは、アルバイトで生計をたてているKさん(36)。現在は単身で暮らしており、正社員で働くことを希望していましたが、なかなか職が見つからないこと、両親が年老いてきたので、実家に戻らなくてはいけない可能性があることから、つい現状のままできてしまったそうです。

手取り収入は毎月19万円前後。ボーナスは夏冬わずかにもらえ、手取りで年間10万円程度です。それでも、社会保険には加入できており、社会保険料、源泉所得税が給与から引かれた金額が19万円ほどなので、生活はなんとかできています。手取り収入から、住民税だけ自分で支払いをしています。

若い頃は、実家で暮らしていたり、正社員をしていた時期もあるので、その頃を中心に作った貯蓄が200万円程度あります。年齢が上がるにつれ、一生単身であるような気もしてきていて、将来や老後のことが気になるようになり、もっとお金を貯めなくてはいけないと考え始めました。そこで、毎月赤字がちな収支の管理をなんとかしなくてはいけないと思ったのです。

iDeCoに拠出したら赤字に転落?

老後のためにと「iDeCo」を最低金額で拠出し始めましたが、それが原因なのか最近は常時赤字です。そのため、働き方を変えなくてはいけないのかもしれないと考えてはいるものの、今の職場環境は良好で、もう少しで社員になれる可能性もあり、実家に帰る可能性もゼロではないので、「今はこのままがんばりたい」と話します。そうであれば、支出を改善するしか、家計を黒字化する方法はありません。さっそくこれまでの家計簿を見せていただきました。

家計収支表1

極端に無駄な支出は見当たらないように思えましたが、黒字化して貯蓄を増やしていくには、支出の内容把握をして、本質的に支出の見直しをしてくことが効果的と思えました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ