キャリア

多読だけでは不十分?英語で話す力を最速で身につける勉強法

スピーキング力を伸ばすとおのずと他も伸びてくる

前回は「あなたの英語学習が続かないシンプルな理由」として、英語学習が続かない理由と継続するには「スピーキング力」を伸ばすことが効果的だとご説明しました。今回は具体的に「どのようにスピーキング力を伸ばせばいいのか?」についてお伝えしたいと思います。


1.話せる文章は聞ける、読める、書ける

「英語4技能」という言葉は知っていますか? 英語のスキルは大きく「聞く(リスニング)、話す(スピーキング)、読む(リーディング )、書く(ライティング)」の4つに分けられます。2020年の大学入学共通テストにもこの英語4技能を評価する制度が導入されることになり、話題となりました。

この4つのスキルの中でもっとも大事なのも実はスピーキングです。スピーキング力を伸ばすことで他の3つも同時に伸ばすことができます。それはなぜでしょうか。

この4つのスキルの関係性を正しく理解するために、いくつか質問をします。

▼リーディングと他スキルの関係性
Q:読める文章は、聴くことができます?
多分できない
Q:読める文章は、書くことができますか?
できない
Q:読める文章は、話すことができますか?
できない
▼リスニングと他スキルの関係性
Q:聞ける文章は、書くことができますか?
できない
Q:聞ける文章は、読むことができますか?
たぶんできる
Q:聞ける文章は、話すことができますか?
できない
▼ライティングと他スキルの関係性
Q:書ける文章は、読むことができますか?
できる
Q:書ける文章は、聞くことができますか?
音が聴けるか不明
Q:書ける文章は、話すことができますか?
100%ではない
▼スピーキングと他スキルの関係性
Q:話せる文章は、書くことができますか?
できる
Q:話せる文章は、読むことができますか?
できる
Q:話せる文章は、聴くことができますか?
できる

いかがでしたか。多少差がでるかもしれませんが、話せる文章は聞けるし、書けるし、読める人が多いのではないでしょうか? つまり、スピーキング力だけが全てのスキルに繋がっているのです。

0402_speak1

1日何時間も勉強できる人であれば、全てのスキルを満遍なく学習することをおすすめします。しかし、忙しい社会人の方であれば、まずはスピーキング力を伸ばすことにフォーカスすることが重要なのです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ