読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、子どもが小学生の今が「貯め時」といわれているのに、なかなか貯まらないという40代の主婦。貯金は30万円。少し貯まっても臨時支出が重なるとすぐに振り出しに戻ってしまうといいます。FPの前野彩氏がお答えします。

夫は小さな会社の経営者です。私はその会社の経理としてパートで働いています。月収は2人合わせて手取りで50万円くらいです。ボーナスはありません。子どもは小学生の男の子が2人で、貯め時といわれる時期なのに、なかなか貯金ができません。子どもの教育費と老後資金を貯めたいのですが、少し貯まると、家電の買い替えや義父母お祝いなど、何かしらで出費が重なり貯蓄が増えません。どうしたらいいのでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、42歳、既婚(夫:経営者)、子ども2人(2人とも小学生)
・職業:パート
・居住形態:持ち家(戸建て)
・手取りの世帯月収:50万円
・毎月の支出目安:45万円
・貯金:30万円
・負債(住宅ローン):1800万円


前野: 「子どもの小学校時代は貯め時」という貯蓄タイミングを意識され、将来の予定も考えて家計管理をしたいお気持ちが伝わってまいります。

ただ、今は「〇〇があるから仕方ない」と、赤字の理由を自分に言い聞かせている様子もあります。実は、「今月は〇〇が~」という支出の大部分は、毎年発生している支出。この機会に、気持ちよくお金を使えるように臨時支出を予定支出に切り替えてみませんか?