生活

PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い…QR決済は結局どれを使えばよいのか

3重取りも!お金のプロが独断で選ぶスマホ決済の正解

【結論】QR決済はPayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、ORIGAMI Payから選び、出金・送金はpringを使え

QR決済タップで拡大画像

画像:筆者作成(2019年8月21日時点の情報に基づく)

精算方法には前払い・即時振替・後払いの3種類があります。

このうち、事前にチャージが必要なのは前払いだけ。前払いに対応しているのはPayPay、LINE Pay、d払い、pringです。

即時払い・後払いの場合は、基本的に登録している銀行口座またはクレジットカードからお金が引かれます。d払いはドコモユーザーであれば毎月の電話料金に合算して支払うことも可能です。

ポイントの還元率でお得なのはPayPay。基本還元率が常時3%となっているほか、20回に1回の確率で最大1000円分のポイント(PayPayボーナス)が当たる可能性があるからです。

指定の店舗・時間帯での利用で還元率がアップする「いつもどこかでワクワクペイペイ」のキャンペーンも毎月行われています。

LINE Payは以前、利用金額に応じて0.5%〜2%の還元が受けられる「マイカラー」に加え、QR決済の利用でさらに3%の還元を行う「コード支払い促進キャンペーン」を行なっていたため、還元率は計3.5〜5%になっていました。しかし、2019年7月末でコード支払い促進キャンペーンが終了。還元率は0.5%〜2%となっています。

ポイント制度ではありませんが、ORIGAMI Payは多くの店舗で購入時に2%程度の割引が受けられます。これ以外にも非常にお得なクーポンが続々と出ており、中には最大半額となるクーポンもあります。スマホに入れておいて損はないでしょう。後述しますが、Kyashと組み合わせると5%強の還元が受けられます。

また、出金がもっともしやすいのはpringです。24時間手数料なしで、銀行口座とアプリの間でお金を出し入れすることが可能。例えば、みずほ銀行から1万円引き出してpringに入れ、pringから三井住友銀行へ入金するのも無料でできます。離れた人とお金のやり取りをするのにも便利です。振込手数料もかかりません。

ただし、pringは現状、出金・送金に特化しているアプリですので、決済面では店舗数が他と比べると圧倒的に少ないです。なので、決済には向いていないですが、出金・送金として入れておきたいアプリです。

なお、LINE Payは出金に対応しているものの、216円(税込)の手数料がかかります。PayPayは現状出金不可ですが、2019年9月30日以降に対応予定です。

次はもっとお得に使わう合わせワザを紹介します。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ