生活

PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い…QR決済は結局どれを使えばよいのか

3重取りも!お金のプロが独断で選ぶスマホ決済の正解

「クレカチャージ+Kyash+ORIGAMI Pay」の合わせワザで計5%強の還元率

誰でも簡単に5%強の還元率を実現する合わせワザがあります。ずばり、ORIGAMI Payの支払い先にKyashを設定するというものです。

Kyashは誰でも簡単にVisaカードが発行でき、決済金額の2%が還元(キャッシュバック)されます。また、Kyashは出金ができないものの個人間での送金も可能です。

用意するものは、次の3点です。

1.1%以上の還元率があるクレジットカード(Visaまたはマスターカード)
2.Kyashのアカウント
3.ORIGAMI Payのアカウント

まず、クレジットカードでKyashにチャージします。これでクレジットカードのポイントが1%以上還元されます。例えば、リクルートカードを利用すれば、1.2%還元されます。

次に、ORIGAMI Payの支払い先をKyashに設定します。Kyashには、店舗でもネットでも利用できる「リアルカード」と、ネットでしか利用できない「バーチャルカード(アプリ内に表示)」の2種類がありますが、どちらでも大丈夫です。

ここまで設定した上で、決済をORIGAMI Payで行うと、ORIGAMI Payの2%割引(クーポンによってはそれ以上の割引)に加え、Kyashの2%キャッシュバックが受けられます。

これらの還元率を合計すると、5%以上になるというわけです。
仕組みは少々複雑ですが、いったん設定してしまえば、決済はORIGAMI Payで行い、月々の支払いはクレジットカードの会社にするだけなので単純です。

ここで紹介したワザはいわゆる「3重取り」と言われるお得ワザです。他にも少しだけ、QR決済を使った3重取りのお得ワザを紹介します。

・楽天ペイを利用する場合
楽天ペイ(0.5%)+楽天カード(1%)+楽天チェック(10P〜)=1.5%+10P

・d払いを利用する場合
d払い(0.5%)+dポイントカード提示(1%)+dカード(1%)=2.5%

自分にあった方法を見つけてぜひ活用してみてください。

キャッシュレス決済しなければ損する時代に!

2019年10月に、消費税が8%から10%に増税される予定です。この増税後、9カ月間にわたって、キャッシュレス決済を行うと5%または2%のポイント還元が受けられるようになる予定です。

具体的な対象店舗は、
・中小の小売業、飲食店、宿泊施設など…5%還元
・大手チェーンのコンビニ、レストラン、ガソリンスタンドなど…2%還元
となる見込みです。

大手コンビニのセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの3社は、キャッシュレス決済で還元されるポイント分をその場で充当(値引き)すると発表しました。

こうなるといよいよ、現金で買い物をするのは損ですね。
なお、今回紹介したQR決済だけでなく、クレジットカードや電子マネーもポイント還元の対象となります。日々の買い物を少しずつで良いので、現金(キャッシュ)からキャッシュレスに変えてみてはいかがでしょうか。

(2019年8月30日 更新)

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ