生活

専業主婦希望の32歳女性「結婚後は投資で不労所得を得たい」

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、結婚後、仕事を辞めて専業主婦になりたいという32歳の女性。収入が減るため投資で不労所得を得たいと、セミナーに通い勉強しているといいますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

これから結婚をする予定で、すでに彼と家計を合わせて暮らしています。二人で協力しながら、2年後の挙式に向け、400万円を目標に貯めているところです。今は私も会社員として働き収入を得ていますが、結婚後、子どもが生まれるかもしれないし、家庭を支えるために専業主婦になりたいと考えています。ですが、彼一人の収入では生活も大変ですし、投資で不労所得を得られるようになりたいと思っています。年間60万円ほどかかる投資セミナーにも通っていますし、自分でも勉強をしているのですが、なかなか成果が上がりません。FXや個別株もやっていますが、すぐに損失が出てしまいます。なんとか上手に投資で収入を得られるようになれないでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・女性、32歳、結婚予定(彼:33歳、会社員)
・職業:会社員
・手取り世帯月収:53.7万円
(相談者:24.1万円、彼:29.6万円)
・手取り年間ボーナス:約150万円
(相談者:約60万円、彼:約90万円)
・貯蓄:120万円


【支出の内訳(43.1万円)】
・住居費:7.9万円(家賃+管理費)
・食費:5.5万円
・水道光熱費:1.6万円
・通信費:0.9万円
・生命保険料:0.3万円
・日用品代:1.8万円
・教育費:5.2万円(セミナー代)
・交通費:2.9万円
・被服費:0.8万円
・交際費:3万円
・娯楽費:2万円
・お小遣い:10万円(各5万円)
・その他:1.2万円


横山: ご結婚に向け貯蓄を作りつつも、将来、専業主婦になるための不労所得ですか。簡単にできることなら多くの人がすでにやっているのではないかと思いますが、実現可能か、一緒に考えましょう。

投資は「不労所得」ではない

よく、不労所得というとインターネットでの収入や投資を考える人がいますが、投資は不労所得とは言えません。現状、相談者さん自身も勉強をしながら、相場を気にして、タイミングを見計らって売買しているのですよね? そうであれば、生活費に充てられるほどの収入を得るためには、今以上の相当の努力が必要であることを覚悟してください。

投資を真剣にやっている人は、相場の動きもそうですが、自分の周りのお金についても細かく無駄がないように気を使っています。

相談者さんはまだ投資は初心者のようですので、お金をかけて学んでいるという点は素晴らしいと思いますが、投資の始め方としてはあまりよくないように感じます。結婚後すぐに専業主婦になると考えなくとも、今は働きながら子育てもできる時代ですし、長期・分散・積立の投資をして、コツコツ時間をかけて増やしていく方法を覚えたほうが、リスクが少なくてよいと思います。

はじめから希望を潰してしまうようなことからお伝えし始めてすみませんが、投資の世界は甘くありません。主婦が、会社員が、あっという間に何千万円も儲けた、などという話も時々ありますが、その状況を継続するのは簡単ではないでしょう。

うまい儲け話のようなものに心奪われず、堅実にやっていってほしいと思います。こだわってばかりいるのは、時間と労力のムダです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ