はじめに

リスクの軽減

程度の差はありますが、できれば病気をしたり、トラブルになったりすることは避けたいですよね。入院をすれば、病院の費用などの経済的な損失は少なくても、やはり仕事にも影響が出ますし、精神的にも辛いことです。それが結果的には大きな損失につながってしまうこともあります。病気やトラブルにならないのが一番いいですし、もしなったとしてもダメージをできるだけ小さくしたいです。

病気にならないようにするには、健康の維持・増進がなによりも効果的です。健康だと回復も早くなり、結果的に医療費の負担も少なくなります。2013年の話ですが、人気女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、「将来の乳がん予防のための乳房切除」というニュースがありました。これは遺伝子検査によって将来、乳がんになる可能性が87%あったということで行った手術です。この賛否に関してはいろいろあったようですが、これもリスク軽減の一つだと言えます。

病気などのリスクを減らすには、バランスのいい食事や継続的な運動を心がけることです。つまり「自己管理」が、もっともリスクの軽減になるのです。

「保険」「貯蓄」「自己管理」を使い分ける

大きな損失には、ピンポイントで「保険」を使うととても有効です。中程度のリスクは、「貯蓄」で対応しましょう。リスクの軽減には、「自己管理」が大切です。これが「家計のリスクコントール」の賢い方法です。

一度、家庭のリスクを検証してみてはいかがでしょうか。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。