住まい

住宅ローンの金利、そろそろ固定に変えた方がいいですか?

FPの家計相談シリーズ

借り換えよりも長期投資の方が効率がいい?

預貯金はすでに生活防衛資金ができていますので、現在の毎月4万円ほどの貯蓄を積立投資に回していくことも検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンで支払う金利以上の利回りで運用できる可能性もありますし、なにより長期投資をしていけば複利で資産が大きく増える可能性がありますから、ご自身の老後資金、状況によりお子さんの教育費などにもしていけるでしょう。場合によっては、繰り上げ返済の資金にすることも考えられます。

高い金利のローンに借り換えるよりも、その方が効率が良いのではないかと個人的には思います。

ただ、投資を継続的にしていくことには、向き、不向きがありますから、よく検討されたうえ、多少知識をつけてから取り組んでいただきたいと思います。今は運用益が非課税のつみたてNISA、私的年金づくりのiDeCo(個人型確定拠出年金)といった、税制優遇制度がありますので、そういった制度を検討してもよいでしょう。

支出を見直して無駄を削減

家計状況はよくやりくりされていると思います。無駄な支出はあまりないように思えますが、それでも一度支出を見直すと、さらに無駄な支出を削減できる可能性があります。

決して無理して支出を削減しろと言いたいわけではありません。使うところにはお金をかけて構わないのですが、不要な部分の支出をカットしましょう、ということです。

例えば、今、8万円かかっている食費。食事の質の維持などでどうしてもこれだけ必要だというなら、それもありですが、もし、冷蔵庫の中で傷んでしまっている食材があり、捨ててしまっているようなことがあれば、それは無駄な支出。そういうものをなくしましょうという意味合いです。

ご夫婦もお若く、お子さんも小さいので、今後どういう場面でお金がかかるかわかりません。いかようにも使える資金を準備するためにも、豊かな生活を維持しながら、少しでも多く蓄えを作っていただけたらと思っています。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ