キャリア

「会話する夫婦」「会話しない夫婦」で夫婦関係の落差はなんと9倍

夫婦の“会話時間”は足りていますか?

あなたのご家庭では、夫婦の会話は活発ですか?新婚当初はよく話していたのに、徐々に会話が減っていったご夫婦もいらっしゃるかもしれません。

しゅふJOB総研がNHK番組「クローズアップ現代+」と合同で行った調査では、結婚10年以上20年未満の夫婦は、他の年数(10年未満・20年以上)の夫婦と比べて会話時間が少なく、夫婦関係の満足度も低いことがわかりました。

また、夫婦が良く話す内容と話したい内容との間にギャップがあることもわかりました。たとえば、「食べ物のこと」はさして話したい訳ではないのに良く話し、「将来のこと」は話したいのにあまり話せていない、という具合です。

これらの調査結果は番組でも紹介されましたが、番組ではクローズアップ“されなかった”ものの、他にも興味深い調査結果がありましたのでご紹介したいと思います。


夫婦関係の満足度と会話時間の関係

調査対象は既婚者のみで、仕事と家庭の両立を希望する働く主婦層です。結婚年数の平均は16.7年。

まず、今の“夫婦関係”に満足しているかを尋ねたところ、「満足」と「不満」がそれぞれ4割弱、「ふつう」が2割強でした。

有効回答数605人

次に、今の夫婦の“会話”に満足しているかを尋ねてみると、「満足」が4割弱、「不満」が4割強、「ふつう」が2割強でした。“夫婦関係”の満足度のグラフとよく似ています。(n=605)

有効回答数605人

更に踏み込んで“夫婦関係”と“会話”の間にある傾向を把握するため、「満足」と「不満」にフォーカスしてクロス集計してみると、以下のグラフとなりました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ