子育て

子育てひと段落の今、TBS堀井美香アナが「朗読会」を立ち上げた理由

「最後に帳尻をあわせればいい」上司の言葉が支えに

TBSアナウンサーの堀井美香さんは、テレビやラジオで活躍するかたわら、プライベートでは入社後1年で結婚し、翌年に長女を出産。3年後には長男も出産し、20代・30代は子育てに奔走してきました。

子育てが一段落した今は、本業のアナウンサーとしての仕事の他、自ら立ち上げた朗読会「A'LOUNGE(エーラウンジ)」のプロデューサーとしても活動しています。

アナウンサーとして出演するのではなく、企画から運営まで徹底して「裏方」を務める堀井さん。社会人としても母としても20年以上のキャリアを得た今だからこそ「新たなことにチャレンジする気持ちになった」というその理由を、ご本人に伺いました。


第二子の高校卒業を目前に「機が熟した」と感じた

――朗読会を主宰することになったきっかけを教えてください。

堀井美香さん(以下、同):実は以前、TBSが主催してアナウンサーが出演する朗読会があったんです。私も新人時代は参加していたのですが、スポンサーが見つからないなどの問題があって、いつの間にか開催しなくなってしまいました。

朗読会のことは、ずっと心に残っていました。そんなとき、上司から「堀井さん、よかったら、もういちど朗読会を立ち上げてみない?」と、声をかけてもらったんです。今から3年くらい前のことでした。

興味もありましたが、当時は役職にもついておらず、家庭の状況からも「そういうことをやる時期ではない」と思っていました。

その気持ちが変わったのは、2018年の年明けでした。第二子である長男が高校卒業を控え、時間と気持ちに余裕が出てきたんです。それと前後して、そろそろ管理職に、という話も持ち上がりました。

「機が熟した、やるなら今だ」と感じました。

――そこからとんとん拍子に話が進んだのでしょうか?

「朗読会をやりたい」という気持ちをTBSのラジオ事業部に伝えて、具体的な話を進めましたが、ネックになったのは「会場をどうするか」ということでした。まだ実績がないので予算がつけられず、無料で貸してくれる会場が必要だったんです。

事業部側は「局内のスペースや、TBSの住宅展示場はどうでしょう」と提案してくれました。でも、せっかくだから、朗読の世界観を楽しんでもらえる空間にしたい。そこで、自分で探すことにしました。

お寺や工場の跡地、プラネタリウムなど、気になるところにはメールで問い合わせたり、自筆の手紙を送ったりしました。お返事をくださったところには、菓子折りを持って、交渉に行って。アナウンサーとしてこれまでなかなか経験しなかった種類の仕事だったのでとても新鮮でした。

ただ、先方も前例がないからか、なかなか受け入れるのが難しかったようでした。

そんなとき、昔の先輩の紹介で丸の内のイベントスペースを紹介してもらって、そこを無償でお借りすることができたんです。これで開催に一歩近づいた、と思いました。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ