キャリア

日経平均やNYダウが買える!?ETFは株式初心者の強い味方

少額からチャレンジできる

株式投資と同じルールで取引できる投資信託、ETFを知っていますか?

ETFを使えば、「企業は選べないけれど、日本株全体に投資したい!」なんてことが可能になります。しかも少額からチャレンジできて、株式初心者に向いているものがたくさん!

今回は、そんなETFならではのメリットについて学びましょう。


「選べない!」「資金が足りない!」そんな時は…

株式投資で不可欠なのは、投資する企業を選ぶことです。しかし、これがなかなか難しい。4,000弱ほどの企業の中から、「これ!」という企業を探し出さなければいけません。一度にたくさんの企業に投資できればよいのですが、安くても1銘柄当たり数万円~数十万円、高いと100万円以上必要な場合もあります。

そんな方にオススメしたいのが、「ETF」です。ETFは、「投資する銘柄を一つに絞りきれない!」そして「投資資金は少ないけれど、多くの銘柄に投資したい!」という株式投資初心者の悩みを、一挙に2つも解決してくれる強い味方なのです。

プロに運用をお任せ!?

ETFは、日本語では「上場投資信託」と呼ばれ、その名の通り、投資信託の一種です。

投資信託は、投資家から集めた資金をひとつにまとめ、運用のプロが投資家に代わって株式や債券などに投資し、その収益を投資家に分配する金融商品です。

運用のプロが投資家に代わって運用する、と言っても好き勝手に投資するのではなく、「なるべく損失が出ないよう、安定した収益の確保を目指す」、「多少のリスクは犯しても高い利益を目指す」…などなど、決められたテーマに沿った運用が行われます。

取引時間中は常に株価が変動する株式と違い、投資信託の値段は1日に一度しか決められず、しかも注文してからいくらで成立したのかは、1日~数日経たないと分かりません。そのため投資信託は、短い期間の運用には適していないと言われています。

その投資信託を、そのまま株式市場で取引できるようにしたのがETFです。株式市場と同じルールなので、取引時間中ならいつでも注文でき、短期間の取引も可能です。

また、ほとんどのETFは1口単位で取引できるので、少額の資金から始めることができます。たとえば、日経平均株価に連動するように運用される「日経225連動型上場投資信託(1321)」の価格は1口2万960円(2019年8月7日現在)。2万円ちょっとあれば投資できます。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ