キャリア

日経平均やNYダウが買える!?ETFは株式初心者の強い味方

少額からチャレンジできる

アメリカ株や金にも投資できる!

国内で取引できるETFは現在約200種類あり、運用先も豊富です。一番メジャーなのは、日経平均やTOPIXといった株価指数に連動するように運用されるETFです。下のチャートは、「日経225連動型上場投資信託(1321)」と日経平均株価の値動きを並べたもの。同じような値動きになっていることがわかります。

日経平均は、日本を代表する225銘柄の株価から算出されるので、「今後日本の景気が良くなりそう」「全体的に株価が上がりそう」という予想が多くなれば、日経平均に連動するETFの人気が高まります。

日経平均株価と日経225連動型上場投資信託(1321)との値動き比較
赤:日経平均、青:日経225連動型上場投資信託

画像:マネックス証券

また、最近日本株よりも好調なのがアメリカ株です。アメリカの株を取引する場合、専用の口座を作ったり、資金をドルに両替したり…と初心者にはハードルが高いのですが、ETFを利用すれば簡単です!

たとえば、NYダウに連動するように運用される「NEXT FUNDSダウ・ジョーンズ工業株30種(1546)」は1口2万7,550円(2019年8月7日現在)。直接アメリカの株を買わなくても、日本円でそのままアメリカ市場に投資できるのです。その他にも、金価格に連動したETFや特定の業種だけに運用するETFなど、実に豊富な種類があります。

NYダウとNEXT FUNDSダウ・ジョーンズ工業株30種(1546)との値動き比較
赤:NYダウ、青:EXT FUNDSダウ・ジョーンズ工業株30種

画像:マネックス証券

まだまだあるETFのメリット

ETFのメリットはまだあります。それは倒産リスクがないことです。株式投資には、企業の不祥事や業績の悪化などで株価が大きく下落したり、最悪の場合上場廃止となるリスクがあります。

しかし、ETFは様々な金融商品に分散して投資するため、その中の一つが上場廃止になっても価格へのダメージは小さくて済みます。

「投資する企業を一つに絞らなくてもいい」、「少額から取引できる」、「海外株式や金などにも投資できる」、「倒産リスクがない」…ETFには株式初心者におすすめできるメリットがたくさんあります。ぜひチャレンジしてみてください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ