生活

ダイエット外来の医師に聞く、頑張らなくてもお腹が凹む「やせる食べ方」

10万人以上にダイエット指導をした先生の指導とは

減量外来を開設する医師、工藤孝文先生はこれまでのべ10万人以上にダイエット指導をし、自身も25キロのダイエットに成功しています。その工藤先生が提唱しているのが「内臓脂肪」を減らす生活習慣。無理せず、我慢しないでやせることができるコツを、工藤先生にうかがいました。


やせたいのに、食べたい。

ダイエッターはこの大いなる矛盾と日々戦っています。私も25キロのダイエットを成功させる前は、仕事のストレスなどを理由に暴飲暴食し、食べていることは棚にあげて「どうしてやせないんだろう」と悩んでいたのでよくわかります。

「やせたいけど、やせられない」という人は多いですね。なぜやせることは難しいのでしょうか。それは、ダイエットが人間が生まれ持った強固なプログラムに逆らうことだからです。

よく言われることですが、原始時代から近代化するまで、人類の最大の敵は「飢餓」でした。数万年にわたる飢餓時代を生き抜く過程で、私たち人間には、隙あらばエネルギーを貯め込もうという仕組みがプログラムされました。

つまり、人体にとっては太ることは手放しに「良いこと」なのです。

逆に言うと、やせることは、人体にとっては「悪いこと」であり、生物学的には死に近づくことでもあります。現代の日本は飽食の時代になっていますが、私たちに組み込まれたプログラムは変わりません。

人間にとって、太っていることは必ずしもマイナスではないのですが、「問題な太り方」も存在します。

それが『毎日100gダイエット!内臓脂肪を減らす食べ方』のテーマである「内臓脂肪」太りです。

内臓脂肪は、言葉のイメージから内臓の中にある脂肪だと思っている人もいますが、蓄積されるのは腸の周辺です。

したがって、内臓脂肪が増えると「お腹が出ている=メタボ」状態になります
まずは、内臓脂肪が人体に及ぼす悪影響から考えていきましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ