はじめに

答えは、道路の路面に、線路(軌道)がある併用軌道区間です。代表例には、路面電車があります。

このレールは、車輪のフランジが通過する空間を確保するため、「頭部」の一部が下に凹んでいます。上からは見ると溝が刻んであるように見えるので、「溝付きレール」と呼ばれています。