はじめに

還元の上限は「月1万5000円」が基本

こうした還元には、しばしば「いくらまで」のような上限があるものです。今回のキャッシュレス決済の還元でも、各社還元の上限を定めています。などというと「あまりお得ではないかも」と思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

クレジットカード・デビットカードの多くは、1ヵ月あたりの「還元額」の上限を月1万5000円分と設定しています。つまり、5%の還元は、1カ月の利用代金が30万円になるまで受けることができるのです。月30万円は、なかなか使わないのではないでしょうか。

電子マネーやコード決済の場合は、サービスによってまちまちです。クレジットカードやデビットカード同様、1万5000円分としているところも見られますが、それ以上に設定しているところもあるようです。

もし、大きな買い物をするなどで、30万円以上使うのであれば、複数の決済手段を使い分けるといいでしょう。前述の月1万5000円分の還元の上限は「カード1枚あたり」のものなので、たとえば複数枚カードを持っている人や、電子マネーやコード決済も使える人はその分、還元額も大きくできます。
したがって、還元の上限についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

還元率10%も! 各社のキャンペーンに注目

むしろ気にしていただきたいのは、還元に合わせて各社が実施するキャンペーンです。今回、5%または2%の還元は「当たり前」なのですから、それ以上の還元が受けられるキャンペーンを活用すれば、お得になるといえます。

たとえば、コード決済アプリのPayPay(ペイペイ)の「まちかどPayPay第1弾」では、銀行またはヤフーカードでチャージしたPayPayを使って、5%還元の店舗で買い物をすると、合計で10%の還元が受けられます。

同キャンペーンは10月1日から11月30日まで。還元の上限は1回あたり1,000円相当(決済金額20,000円)、1カ月あたり25,000円相当(決済金額500,000円)となっています。条件がいろいろと細かいですが、合計10%のインパクトは大きいものがあります。

また、Suicaで知られるJR東日本も、「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」を実施。対象の店舗でWEB登録を済ませたSuicaを使って支払うと最大7%、JRE CARDで支払うと最大5.5%の還元が得られます。こちらは10月1日から2020年6月30日までのキャッシュレス還元期間中ずっと行われるそうなので、特にJR東日本の駅ビル・エキナカの店舗を利用する方は、チェックしてみるといいでしょう。

キャッシュレス還元に関連したキャンペーンは、他にも出てくる可能性があります。また、キャッシュレス還元とは別に、新規登録の特典や高還元のキャンペーンが今後出てくることもあるでしょう。ですから、ぜひキャンペーン情報には注目していただければと思います。