読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、もらい火による火災被害にあい、貯蓄を使い果たしたという29歳の男性。火災被害にあった時にすべきこととは何でしょうか? FPの長尾義弘氏がお答えします。

現在、賃貸マンションで一人暮らしをしていますが、もらい火による火災によって持ち物を消失しました。こちらの過失はありません。所得税の控除など、何かやった方が良いことはありますか? 火災保険で180万円程が支払われる予定ですが、損失額は不明です。おそらく200~300万円程度だと思います。

<相談者プロフィール>
・男性、29歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸(一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:25万円
・年間の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出目安:23万円

【支出の内訳】
・住居費:6万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1万円
・車両費:なし
・お小遣い:4万円
・奨学金返済:6万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・現在の貯蓄総額:0円(火災後の生活の立て直しのため)
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:700万円(奨学金)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ