はじめに

消費税増税とともにスタートした、最大5%の「キャッシュレス還元」。いつもの買い物でも、キャッシュレス決済をするだけでポイントがもらえたり割引になったりするので利用してる人も多いかもしれません。

ところでこのキャッシュレス還元、みなさんどんな決済方法で受け取っていますか? 彗星のごとく現れたスマホ決済(○○ペイ)も人気ですが、元祖キャッシュレス決済であるクレジットカードももちろん還元の対象。しかも、よくよくチェックしてみると、うまく組み合わせることでさらにお得な還元が受けられるのです。

今回は、キャッシュレス還元をより賢く、お得に受け取るためのクレジットカードの選び方・使い方・組み合わせ方を解説します。


期間限定だが最強!20%キャッシュバック

いきなり結論のようになってしまうのですが、20%ものキャッシュバックが受けられるカードがあります。キャンペーンをしているのは、JCBカード。

とはいえ、ただ単にカードを使うだけではもらえません。具体的には、

(1)JCBカードをApple PayまたはGoogle Payに設定する
(2)ウェブサイトまたは電話でカードごとにキャンペーンへの参加登録をする
(3)Apple PayまたはGoogle Payを利用する

というステップを踏む必要があります。

つまり、キャンペーンへの参加登録をしたJCBカードを、Apple Pay・Google Payといったスマホ決済を通して使うこと。これで、20%の還元が受けられるようになります。

使えるのは「QUICPay」「QUICPay+」のマークのある店舗。全国92万カ所以上で利用できるそうです。

20%キャッシュバックされる金額の上限は1万円まで、なので還元が受けられる買い物額は5万円までとなります。ただこれはあくまで「カード1枚ごと」の金額の上限。キャッシュバックはカードごとに最大1万円ですから、JCBカードを2枚、3枚……と持っていれば、キャッシュバックも最大2万円、3万円……と受けることができます(キャンペーンへの参加登録はカードごとに必要です)。

なお、キャンペーンは2019年12月15日まで。JCBカードはあるけどキャンペーンは知らなかった人は、Apple PayやGoogle Payの絶好の試しどきかもしれません。